アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

東京で就職するメリットとデメリット! 地方出身で東京勤務の私が全力で考えてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは。アラサー外資系商社マンの桜井です!

 

「東京で働く」

 

なんかいいですよね、この響き。

 

今回の記事では、東京で就職するメリットとデメリットについて、地方出身で現在東京の外資系商社で働いている私の経験から、ご紹介していきたいと思います!

 

簡単に自己紹介させて頂くと、私は愛知県生まれで、県内の文系の大学を卒業後、愛知県に本社があるトヨタグループの商社で働いていました。約3年前、27歳の時に現在働いている外資系商社への転職を機に、東京に来ました。

 

愛知県もそこそこ都会なのですが、やはり「TOKYO生まれHIP HOP育ち」的な人たちに対して憧れがあり、昔から東京で働いてみたかったんですよね(古いか笑)

 

早いもので、東京で就職してもうすぐ3年が経ちます。(う〜ん、しかし早い!)

 

ということで早速、地方出身の私が考える「東京で就職するメリットとデメリット」についてご紹介していきます!

 

東京で就職するメリット①:選べる仕事の数が多い

東京で就職する1番のメリットは、「選べる仕事の数が多い」です。

 

まず、当たり前ですが人口が多いので、その分仕事があります。東京の人口は現在約1,360万人で、日本の人口12,700万人に対して10.7%です。都道府県は47あるにもかかわらず、日本人の10人に1人が東京に住んでいるんですよね。

 

さらにご存知の通り、東京で就職している人は、東京のみに住んでいる訳ではありません。東京へ通勤圏内の関東圏(神奈川・千葉・埼玉)の人口を加えると、日本の総人口の4分の1以上になります。

 

意外に知られていませんが、国連が発表している「都市的集積地域(隣接する市街地まで境界線を広げた地域)」という概念でいうと、東京は世界一の大都市です。(2位はインドのデリー)そりゃあ仕事も多いわ!

 

加えて、東京に本社がある上場企業は全体の約半数です。例外はありますが、原則本社に最も人が集まりますので、まあ選べる仕事の数、つまり雇用の機会は圧倒的に多いですよ、東京は。

東京で就職するメリット②:キャリアアップ出来る仕事が多い

先にご紹介したように、東京には様々な企業が一極集中しています。これは、当然雇用の機会が多いということを意味しますし、さらに言えば、東京にしかない仕事も数多くあり、キャリアアップの機会が多いということも意味します。

 

例えば、私が働く外資系商社は、世界でトップ5に入る売上を誇るグローバルカンパニーであるにもかかわらず、東京と大阪にしか日本支社がありません。しかも、大阪のスタッフは東京のスタッフの約10分の1です。もし私が働いている会社に入りたければ、この時点で東京近郊に住んでいないと不利になります。

 

私自身、いくつかの転職エージェントサービスに自分のレジュメ(履歴書・職務経歴書)を登録・アップデートしており、たまにスカウトが来ますが、約90%は東京勤務の仕事です。

 

アメリカで成功している半導体メーカーの日本支社の立ち上げや、日本のイケてるベンチャーの事業企画等、キャリアアップにつながりそうな仕事はほぼ全て東京にあると断言出来ます。

 

2020年には東京オリンピックもありますし、もっともっと面白い仕事が東京に集中するでしょう。

東京で就職するメリット③:プライベートも刺激的で楽しい

東京で就職したなら、アフター5のプライベートタイムも楽しみたいところですよね。安心して下さい。楽しいです笑

 

まず人が面白い。人口が多いので比例して面白い人も多いです。(当然、ムカつく人も多いんですが笑)

 

で、みんな「俺(私)東京に馴染んでるぜ!」みたいな顔をしているんですが、東京に住んでいる純粋な東京出身者より、地方出身者の方が多いんですよね実は。(私もそうですし。ものすごい「オレ東京!感」出してますけど笑)

 

余談ですが、愛知県には栄(さかえ)という繁華街があります。私は最初東京に来た時、「降りる駅すべて栄やん!!」と思いました笑。「渋谷も新宿も恵比寿も池袋も全部栄やん!!」と笑

 

美味しいレストラン、おしゃれなショップ、グータンヌーボの撮影に使われた店(ミーハー笑)など、なんでもありますよね。

 

私は洋楽が好きでよくライブに行くのですが、外国人アーティストはほぼ100%東京に来てくれます。(というか東京にしか来ないことも多い)

 

このようなプライベート面の充実も、東京で就職するメリットと言えるのでは無いでしょうか?

東京で就職するデメリット①:結果を出せないと厳しい

先にご紹介したように、東京には多くの雇用のチャンスがあります。キャリアアップ出来るような魅力的な仕事も多くあります。これらは間違いなく東京で働くメリットです。

 

一方で、東京を含む関東圏には日本の総人口の4分の1以上がいます。つまり、ライバルが多いということです。

 

自分が入りたい憧れの会社に入れたとしても、努力して結果を出し続けなければ、ライバルにそのポジションを奪われる可能性が高いです。

 

特に私が働いているような外資系企業や、競争の激しいベンチャー企業などは、成果主義で入れ替えが激しいですから、チャンスもあればリスクもあります。これは人口とライバルが多い東京勤務ならではのデメリットでしょう。

東京で就職するデメリット②:親や地元の友達との関係が希薄になる

「東京で働くメリットとデメリット!!」的な記事に、意外にもほぼ書いていなかったのですが、地方出身者が東京で就職すると、ほぼ確実に親や地元の友達との関係が希薄になります。これはデメリットです。

 

親の近くに住んでいれば、簡単に顔を合わせることが可能ですよね。友達も同様です。

 

しかし地元を離れ東京勤務になれば、帰省するのは盆正月くらいのものです。私は妻がいますので、同じタイミングで彼女の実家にも行きますから、下手したら親と会うのが年1〜2回になります。(友達も同様)

 

行きていく上での価値観は人それぞれですが、最近流行った言葉で「マイルドヤンキー」というのがありますよね。地元志向で仲間と仲良く暮らしていくというスタイルの人たちです。

 

このような人たちは、確実に東京勤務に向いていません。絶対地元に帰りたくなります。

 

その点について自己分析してから、東京での就職を検討するようにしましょう。(俺(私)はマイルドヤンキーなのか否か?笑)

 

ちなみにWikipediaで「マイルドヤンキーの特徴」を調べたら以下のように書いてあってワロタ笑。

 

飲食店で店長を呼び出して飲食代を全部無料にしたエピソードを1つは持っている

東京で就職するデメリット③:とにかく何でも高い

まず、家賃を見てみましょう。

 

 

引用元:都道府県格付研究所

 

高ええ!!

 

全国平均の月額家賃は44,551円、一方東京は76,648円、72%も高ええ!!

 

 

外食代、パーキング代、その他諸々も、統計データを出すまでもなく、まあ高い。

 

何度も言いますが、愛知県もぼちぼち都会ですが、比べものにならないくらい高い。

 

このように物価が日本一高いのですが、一方で賃金も日本一高いので、このあたりはあなたの考え方や稼ぎ次第でしょう。

まとめ

「東京で就職するメリットとデメリット! 地方出身で東京勤務の私が全力で考えてみた!」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

東京に来てもうすぐ3年が経つ私の個人的な感想は…

 

「東京大好き!」

 

少なくとも今のところは、地元の愛知県に戻るより、東京でやりがいのある仕事で結果を出し、キャリアアップしていきたいと考えています。

 

東京で就職 or 転職する場合ですが、私の場合は仕事を決めてから上京しました。

 

転職活動はただでさえ大変ですが、地方から活動をする場合は、交通費も時間もかかるのでさらに大変です。ですので、転職のプロである転職エージェントをうまく利用しながら転職活動を進めていくことをオススメします!

 

転職エージェントは、東京の求人紹介はもちろん、面接日時の設定や履歴書・職務経歴書の添削など、大変心強いサポートをしてくれます。

 

様々な転職エージェントがありますが、ハタラクティブがオススメです!特に20代の若者の求人を多く取り扱っており、キャリアコンサルタントの方も非常に東京の転職市場に詳しいので、安心してお任せ出来ますよ。もちろん、無料で利用出来ます。

 

学校卒業と同時に上京して就職したい新卒の皆さんには、MeetsCompanyという就職サービスの利用をオススメします。このサービスは、大都市(東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌・広島・新潟等)のイベント会場に多くの企業が来てくれて、そこで選考を受けられるという便利なものです。

 

皆さんは履歴書1枚を持ってその会場に向かうだけで、1日に8社の選考を受けられます!就活の交通費もバカにならないので、非常に効率的で今風のサービスですよね。「卒業したら、絶対東京!」というあなたには、とてもオススメのサービスです。こちらも、もちろん無料で利用出来ます。(以下はイベント会場の様子です。カジュアルでいい感じ!)

 

 

今回の記事が「東京で就職したい!」というあなたのご参考になれば、とても嬉しく思います!

 

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

6位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

7位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月

Feedly

follow us in feedly