アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

専門商社は激務なの?日系・外資系専門商社で働いた私の答え!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは。アラサー外資系商社マンの桜井です!

 

最近、私が運営している転職情報サイト「わがまま転職のススメ!」のお問い合わせから

 

「桜井さん、専門商社で働いてみたいのですが、ぶっちゃけ激務なんですか?」という質問をよく受けます。

 
そこで今回は、トヨタグループの大手鉄鋼専門商社と、外資系の半導体商社で働いた私の経験から、「専門商社は激務なの?」という皆さんの疑問にお答えしていこうと思います!

スポンサーリンク

専門商社は激務なのかどうか、結論から教えて!?

皆さん焦りますねぇ!笑

 

分かりました!「専門商社は激務なのか?」について、結論からお答えしましょう!

 

業界によります!そして会社によります!さらに言うと部署によります!(ズバリの答えではなくて、すみません笑)

 

まず、どの業界が激務なのか?ということは、時代によって変わっていきます。

 

例えば、私が以前働いていたトヨタグループの鉄鋼専門商社は、私の当時の50代の上司が20代だった1980年代に比べたら、圧倒的に暇になったようです。

 

どこの上司もよく言うであろう「俺が若い頃は毎日終電まで働いたもんよ!」的なやつはあながち嘘では無く、鉄鋼業界に限定して言えば、おそらくどの会社も現在より30年前の方が忙しかったはずです。

 

昔の鉄鋼業界が忙しかった理由は、単純に日本での生産量が多かったためでしょう。生産量が多ければ、様々な仕事が発生しますので当然忙しくなります。

 

現在は、日本の鉄鋼メーカーのプレゼンスも低くなってきているので、日本国内のマーケットを見れば、明らかに鉄鋼業界ごと暇になっています。

 

一方で、いち早く日本の鉄鋼メーカーの衰退に気付き、海外の鉄鋼メーカーとパートナーシップを組んで、海外ビジネスを積極的に展開し始めた専門商社は、日本国内のマーケットが縮小しても、海外の仕事があるので、激務な可能性があります。

 

そして、そのようなグローバル志向の会社でも、日本向けの商売をしている部署は暇だったりしますので、業界、会社、部署ごとに専門商社の激務度が決まると言えます。

 

あれ、これ結構分かりやすくない?笑

_shared_img_thumb_OZPA_kimisaiyou_TP_V 

激務な専門商社は嫌なんですけど!?マッタリ働きたいんですけど!!

あなたもわがままですね!笑

 

先ほどの章でご紹介したように、実際に転職して働いてみないと、激務かどうかを判断するのは難しいです。

 

というのは、昔の話!!

 

まず、この専門商社に入りたい!と思ったら、キャリコネでリサーチしてみたらいいですよ。細かい部署ごとの違いは分からないですが、会社全体としての雰囲気は分かります。

 

例えば、必ず19時半には退社する決まりがあります!という情報が取れれば、「これはマッタリちゃうん?」と目星を付けられますよね。

 

次に、面接の際に面接官に聞いちゃうのもアリです。

 

「御社って激務なんすか?」

-shared-img-thumb-N112_sorededou_TP_V

というようなアホみたいな質問の仕方は辞めて下さいね!笑

 

以下のように、聞けばいいと思います。

 

「御社の社員の働き方について、1日のスケジュール感を教えて頂けますでしょうか?」

-shared-img-thumb-LIG_soregaichibandaijis_TP_V3

これですよ。

 

新卒でも中途採用でも、たいがい自分が配属される予定の部署の課長や部長が面接官になるケースが多いので、その答え次第で、激務度を推し量ることが出来ます。

 

「ウチは厳しいぞ!?覚悟はあるか若造!!」

_shared_img_thumb_YOTA82_yossya15122540_TP_V 

的なことを言われたら、マッタリ派のあなたは逃げ出しましょう笑

 

真面目な話、まともな会社は、

 

「そうですね。外出と内勤は半々という感じですが、例えば外出する日でしたら、営業を終えて17時頃に帰社して、その結果を上司に報告したり、客先への見積もりを作ったりして、だいたい19時頃には帰社している社員が多いですね」

_shared_img_thumb_max16011508_TP_V

というような形で、具体的なフィードバックがもらえますのでオススメです。

 

さらにもう一点、面接でぜひとも確認したいのが、「部署異動の可能性」についてです。

 

先ほどの章でご紹介したように、A部はマッタリだが、B部は尋常じゃないほどの激務という可能性も大いにありえます。ですので面接の際に、

 

「御社は、将来的には部署異動などもあり得るのでしょうか?」

-shared-img-thumb-LIG_soregaichibandaijis_TP_V3

という質問もしてみましょう。

 

まあ、だいたいは「ありえますね」と答えられて終わるのですが…笑。

 

ただ、私が働いていたトヨタグループの大手商社では、部署異動するケースは稀でしたね。多くの専門商社はスペシャリスト養成志向ですからね。いきなり鉄鋼の部署から銅の部署へ異動になるとか、そういう大きな部署異動は非常に稀です。

 

財閥系の化学品専門商社で働いている友人にも聞いてみましたが、

 

「あ〜、商材変わるような部署異動はほぼないね〜、転勤は海外勤務も含めあるけど。」

 

と言っていました。

 

一方で、大手専門商社で働いたことがある人は皆さんうなずいてくれると思いますが、優秀な人材は結構な頻度で部署異動します。

1eb40957a35fdb2411472351f73a70a6_s 

どの部署でも高いパフォーマンスを発揮出来るからでしょうね。ちなみにそういう人は、例外なく出世も早いです。

 

最後に、私は現在外資系専門商社で働いていますので、その経験をシェアしますが、外資系専門商社では、部署異動はありえません。

 

なぜなら日系企業と違い、採用自体を部署のボスが行うことが一般的だからです。

7faea0e4228c569a133d98f14d4a930d_s 

優秀な場合は、ボスのために、よりその部署で結果を出すことを求められ、仕事が出来ない場合は、容赦なくクビにされます笑。(笑っている場合では無いのですが笑)

 

スポンサーリンク

まとめ

「専門商社は激務なの?日系・外資系専門商社で働いた私の答え!!」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

まとめると、結局、業界、会社、部署によるということなんですよ。

 

でも、「働いてみないと分からない」では芸が無いので、出来るだけ入社前に激務度を判断出来る方法を一生懸命考えてみたつもりです。

 

専門商社に入りたい人は、本当は総合商社に入りたい人が多いと思います。

 

まあ、でも総合商社で働いている人なんて、スーパーサイヤ人みたいな人ばっかりですからね笑。

 

ただ専門商社でも、優良専門商社と呼ばれるような会社は、総合商社には及ばないものの、40歳で年収1,000万円に届く会社もゴロゴロありますので、ぜひ就職・転職を検討される価値はあると思いますよ!!

 

ちなみに私は、このトヨタグループの専門商社へ転職した際はリクルートエージェントを利用し、現在働いている外資系商社へ転職した際は、JACリクルートメントを利用しました。両社とも、専門商社の案件が豊富にありますので、とてもオススメですよ!

 

今回の記事が、「専門商社は激務なの?」という答えを探していたあなたのお役に立てたら、とても嬉しく思います!!

 

スポンサーリンク

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

6位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Feedly

follow us in feedly