アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

隠れ優良中小企業の探し方は? 外資系最年少マネージャーが教える勝ち組企業を見つける3つの方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは。アラサー外資系商社マンの桜井です!

 

早速ですが、先日私のブログへ、以下のご質問がありました。

 

優良企業に入社したいのですが、企業情報が少ない場合、どのように判断すれば良いのでしょうか?桜井さんのブログで紹介して頂いたキャリコネを使って、興味のある企業を調べると、大手企業の情報はたいがいキャッチ出来るのですが、中小企業だと時に詳細情報が書かれていない場合があります。そこで、隠れ優良中小企業の探し方を桜井さん流に伝授してもらえればと思います!

 

確かに、いわゆる優良企業ランキング的なものに入る会社はほとんどが大手ですので、その場合はキャリコネで情報をキャッチ出来ますが、中小企業の場合はなかなか難しいものです。

 

大手企業の安定性ももちろん魅力的ですが、中小企業ならではの裁量の大きさや、スピーディーな仕事は、自分をビジネスパーソンとして大きく成長させてくれます。いいですよね、隠れ優良中小企業。

 

「で、あなたは誰?」という話だと思いますので少し自己紹介させて頂くと、私は現在外資系商社でマネージャーとして働いている、桜井というアラサー男子です。自身のチームでは中小企業を中心に約50社の顧客を担当しています。

 

顧客の中には、生き生きと楽しそうに働いている人が多い企業もあれば、残念ながらそうではない企業もあります。隠れ優良中小企業というのは、前者のような企業のことだと思います。

 

そこで今回は、中小企業の顧客が多い私なりの視点から「隠れ優良中小企業の探し方」をご紹介していきます!

隠れ優良中小企業の探し方①:「会社四季報」業界地図をガッツリ読み込む

隠れ優良中小企業を見つけるためには、「会社四季報」業界地図をガッツリ読み込むことをオススメします。

 

あらゆる業界のリーディングカンパニー、売上高、課題、直近のマーケットの状況等、非常に詳しく紹介されています。

 

いやいや、大手企業ばっかり紹介されてるんでしょ?と思いますよね。確かに大手企業が中心です。しかし大手企業はたいがいグループ会社を持っています。業界地図を読んで、何となくこの会社いいな!と思ったら、そのグループ会社のHPを調べまくってみて下さい。非常に参考になります。

 

例えば電子部品業界を例にとると、TDK、京セラ、OMRON等は誰でも知っていると思いますが、日本ケミコンという会社を知っていますか?

 

私は業界地図を読むまで知りませんでしたが、スマホやPCに必ず入っている電子部品「アルミ電解コンデンサ」の世界No.1シェアを誇る会社です。そのシェアは何と25%!

 

ところで、皆さんはこの世界のリーディングカンパニーを知っていましたか?おそらく知らない方も割といたのでは?と思います。この会社は、多くのグループ会社を持っていますし、HPで事業内容等のチェックも可能です。この日本ケミコンのグループ会社はおそらく隠れ優良中小企業の確率が高いと予想出来ます。やはり世界トップシェアというのは強いですよ。

 

この業界地図ですが、転職活動や就職活動のみを目的としなくても、読み物としても本当に面白いです。私も毎年買って読んでいます。(真面目に全部読むと10時間以上かかりますが…笑)。今年版のamazonのリンク貼っておきます。ぜひガッツリ読み込んでみて下さい!

 

隠れ優良中小企業の探し方②:IT(口コミサイト、マッチングサイト)を駆使しまくる

隠れ優良中小企業を探す上で、一発目は業界地図というアナログな調査方法をおススメしました。

 

さて、次は…

 

今の時代やっぱITです!

 

冒頭にもご紹介しましたが、あなたがすでに社会人で転職活動中であれば、キャリコネは確実に使った方が良いです。

 

キャリコネは「会社の評判」から「年収」「残業時・休日出勤」「人間関係」「社内の恋愛事情(いるか?笑)」に至るまでの、社員が書いた裏事情的な口コミ情報をチェック出来ます。

 

優良企業をどう定義するかは難しいところですが、「離職率が低い」というのはポイントが高いですよね。そして、離職する理由No.1は今も昔も人間関係がダントツの1位です。

 

引用元:リクナビNEXT「退職理由のホンネランキングベスト10」

 

快適に腰を据えて働く上で、人間関係が非常に大切だからこそ、企業研究にキャリコネを使い、必ずチェックしておきましょう!

 

一方で、もしあなたが学生で就職活動中であれば、先輩社員がどんな仕事をしているのか、イベント会場でカジュアルに質問出来るMeetsCompanyや、自分の大学のOB/OGに、就活スキルや仕事内容をヒアリング出来るビズリーチ・キャンパスなどはとても便利ですので、絶対に使った方が良いです。

 

先にご紹介した業界地図をしっかり読んで、会社の将来性を定量的に判断することに加え、実際に働いている人たちの定性的な意見も取り入れることで、さらに隠れ優良中小企業を見つけ出す精度は上がっていきます!

隠れ優良中小企業の探し方③:転職エージェントにしっかりヒアリングする

隠れ優良中小企業を探す最後の方法は、やはり転職エージェントにしっかりとヒアリングすることです。

 

彼らは、自分が担当している会社について常に真剣に勉強しています。そして、その会社にマッチングする人材を紹介し、その会社の売上に貢献することが仕事です。

 

ぶっちゃけた話、ちょっと悪い転職エージェントの中には「とりあえずコイツここにぶち込んどけ〜!」的な発想で、あなたが受けている会社の悪いところを一切言わず、とにかく入社させてコミッション(ボーナス)を狙う輩もいます笑

 

私は外資系企業勤務という職業柄、常にクビのリスクがありますので、定期的に転職エージェントと連絡を取っていますが、やはりパソナキャリアのコンサルタントは本当に優秀かつ誠実で、転職マーケットに詳しい方が多いなと思います。何だろう、社風かなぁ。私の担当者は「桜井さん、ここは辞めた方がいいっすよ!」とか言ってくれますからね笑

 

そんな転職エージェント、パソナキャリアの利用者満足度は96%と非常に高いです。「ぶっちゃけ、私が受けている会社って、隠れ優良中小企業ですか?」って聞いてみて下さい。誠実に答えてくれるはずです。

まとめ

「隠れ優良中小企業の探し方は? 外資系最年少マネージャーが教える勝ち組企業を見つける3つの方法!」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。 

・隠れ優良中小企業の探し方①:「会社四季報」業界地図をガッツリ読み込む

「会社四季報」業界地図を読み込もう!

 

・隠れ優良中小企業の探し方②:IT(口コミサイト、マッチングサイト)を駆使しまくる

→社会人:キャリコネを駆使!

 学生:MeetsCompanyと、ビズリーチ・キャンパスを駆使!

 

・隠れ優良中小企業の探し方③:転職エージェントにしっかりヒアリングする

→私の経験から、パソナキャリアをオススメします!

 

今回の記事が、あなたが「隠れ優良中小企業」を探し出す参考になれば、とても嬉しいです。その会社で、あなたにエースになって頂けると、もっともっと嬉しいです。お読み頂き、ありがとうございました!

 

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

6位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

7位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • やーばパパ
    • 2017年 2月 01日

    こんばんは、すごく勉強になります!!
    四季報を再度読み込みまくってググりまくります!!
    桜井さんのサイトに出会えて感謝です!!

      • 桜井
      • 2017年 2月 05日

      やーばパパさん

      いつもサイトを見に来ていただき、ありがとうございます。
      あたたかいコメント、とても励みになります。

      やーばパパさんが良い就職を決めて、大活躍されることを祈っています!

      桜井

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月

Feedly

follow us in feedly