アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

第二新卒の面接で「自己紹介をして下さい」と言われた時の模範回答は? トヨタグループの大企業へ転職成功した私が教えます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは。アラサー外資系商社マンの桜井です!

 

最近、私のブログのお問い合わせから、 以下のようなメッセージをよく受けます。

 

 

「第二新卒で応募した会社の書類審査を通過し、ついに面接です。どのような質問をされることが多いのでしょうか?」

 

 

結論から言えば会社によって面接の質問は若干違うのですが、どの会社でもほぼ必ず最初に聞かれる質問があります。そして、その質問に対しての回答は非常に重要です。それは、「あなたの自己紹介をお願いします」です。

 

そんな私の自己紹介ですが、25歳の時に医療系の財団法人からトヨタグループの大手商社へ転職し、その3年後に現在の外資系商社へ転職しました。

 

現在20代ながら、世界有数の売上を誇る外資系商社でマネージャーとして働けているのは、第二新卒の時に世界的にもネームバリューのあるトヨタグループの大企業へ転職成功出来たことが大きく関係していると思います。

 

今回は、そんな私の経験を交えて、「第二新卒の面接で「自己紹介をして下さい」と言われた時の模範解答」について、ご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

第二新卒の定義を簡単におさらい

ご存知かと思いますが、まず第二新卒の定義をおさらいすると、第二新卒とは、学校を卒業後短期間(1〜3年)で転職を志す人のことです。つまり新卒とは違い、少なくとも社会人経験がある人たちのことですね。

 

ですので、第二新卒の人たちは、社会人としての最低限のビジネスマナーを持っており、前職での仕事内容や主な事業について、しっかりと話せることを期待されています。

 

面接官が以上のような前提で、面接に臨んでくることをまず理解しておきましょう。

第二新卒の面接で「自己紹介をお願いします」と言われた時の模範解答

さて、第二新卒の面接の冒頭で、ほぼ100%される質問が、「自己紹介をして下さい」です。

 

この質問に、「1分間でお願いします」や、「前職の経験を交えて2〜3分でお願いします」等の条件がつくことがありますので、その場合は必ずその条件を満たす形で回答するようにしましょう。

 

でも、自己紹介をして下さいって、結構ハードルが高い質問ですよね。「何言えばいいの?」と。「いやいや、書類に書いてあるやん!」とも言いたくなりますし。

 

しかし、現在私自身も部下の採用の面接をしていますが、「自己紹介をして下さい」という質問は、すごく便利なんですね。その回答の仕方で、相手のコミュニケーション能力、人柄、論理的思考力、頭の良さまで分かってしまいます。

 

で、どのような自己紹介が模範的かと言うと、以下3点を満たすように話すことです。

① 明るい表情で、大きな声で話す

② 100人中100人が聞いても分かるように、学校卒業から今に至る経緯をとにかく分かりやすく話す

③ 時間指定がなければ、1分以内で短く話す 

まずは、必ず明るく大きな声で自己紹介することです。メラビアンの法則によれば、相手に物事を効果的に伝える際に重要なポイントは、見た目や表情などの視覚情報が55%、声のトーンや大きさなどの聴覚情報が38%、話す内容が7%となっています。

 

つまり、誰もが好印象を持つような明るい表情と大きな声で自己紹介すれば、93%のコミュニケーションはうまくいっていると言えます。必ず、意識するようにしましょう。

 

 

次に、「話の分かりやすさ」も重要です。面接官も何人も面接をしてきていますから、「この人は、何を言っているか分からない」と思われてしまうと、その時点であなたの話を聞く気をなくされてしまいます。

 

また、時間指定がなければ1分程度で短くまとめて問題ありません。長い話は伝えたいポイントが面接官の印象に残りづらいばかりか、「この人、話が長いな」という悪印象さえ与えてしまいます。

 

自己紹介は、以下のような形で十分です。 

「本日は、お忙しい中お時間を頂きまして、ありがとうございます。私は、〇〇〇〇と申します。××大学△△学部を卒業後、A株式会社に入社し、Bという部署に配属され3年間勤務して参りました。主な業務内容は、担当顧客10社に対しての自社商品のシェアアップ提案です。市況が追い風だったこともあり、毎年順調に20%以上売上を伸ばすことができ、8名の同期社員の中で、トップの伸び率を記録することが出来ました。持ち前の積極性を生かして、魅力的な幅広い商品を持つ御社で、一生懸命頑張らせて頂きたいと考えております。本日はどうぞ宜しくお願いいたします」

以上の3点に気をつけて、第二新卒の自己紹介を制していきましょう!

 

スポンサーリンク

まとめ

「第二新卒の面接で「自己紹介をして下さい」と言われた時の模範回答は? トヨタグループの大企業へ転職成功した私が教えます!!」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。 

【第二新卒の面接で「自己紹介をお願いします」と言われた時の模範解答】

① 明るい表情で、大きな声で話す

② 100人中100人が聞いても分かるように、学校卒業から今に至る経緯をとにかく分かりやすく話す

③ 時間指定がなければ、1分以内で短く話す

また、キャリコネという口コミサイトでは、面接の内容も公開されていますので、あなたの行きたい会社がもし登録されていたら、事前にチェックしておくと、非常に役立ちますよ!

 

今回の記事が、第二新卒の面接の際、あなたの自己紹介のご参考になれば、とても嬉しく思います!

 

スポンサーリンク

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

6位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Feedly

follow us in feedly