アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

新入社員だけど会社辞めたい… アリ or ナシ? 5カ月で辞めた私の体験と現在!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

街で見かけるフレッシュな新入社員!

 

「この会社で頑張るぞ!」という期待と、「うまくやっていけるかな?」という少しの不安を胸に抱きながら、毎日出社しているのではないでしょうか。

 

特に新卒で初めて社会に出た方は、全てが初めての連続です。

・上司ってこんなに厳しいものなのかな?

・毎日22時まで働くのは当たり前なのかな?

・仕事内容が面接で言われていたものと違うけど、こんなものなのかな?

毎日の通勤に慣れてくると、以上のような不安を抱き始めることもあるのではないでしょうか。

 

そして残念ながら、「新入社員だけど、会社辞めたい…」と感じる人が出てくることも、十分にあるかと思います。

 

そこで今回は、新卒入社した化粧品メーカーを5か月で辞めた私の体験と現在をシェアしていきますので、新入社員だけど会社を辞めたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

世の中の新入社員は3年以内にどのくらい辞めるの?

厚生労働省の調査によれば、2012年3月卒業の新入社員の離職状況は以下の通りです。

 

中卒で65.3%、高卒で40.0%、大卒で32.3%の新入社員が、3年以内に辞めていることがわかります。

 

大卒に限定して見ていくと、以下の通りに辞めていくことが分かります。

・新卒1年目で離職:13.1%

・新卒2年目で離職:10.3%

・新卒3年目で離職:8.9%

 

「赤信号みんなで渡れば怖くない」ではありませんが、3年以内に3人に1人は辞めますし、1年以内に辞める人も何と13.1%です。

 

この結果を多いと思うか、少ないと思うかは捉え方次第ですが、少なくとも新入社員で入社して3年以内に辞めることは、「ものすごい珍しい危険な行為」ではありません。安心して下さい。

_shared_img_thu1mb_MAX76_gjmax20140531_TP_V

新入社員だけど、ぶっちゃけ短期間で会社辞めて大丈夫ですか?

私の体験を元に結論から言いますが、大丈夫でした。

 

「こちらの記事」で詳しく書いていますが、私は、20代で4度転職しています。

 

現在29歳ですが、外資系商社でマネージャーとして働いており、年収700万円です。

 

2014年の国税庁の調査によれば、日本の平均年収は415万円ですので、多い方だと思います。

 

年収だけが、幸せな会社員生活を測る尺度ではありませんが、重要であることは言うまでもありません。

 

声を大にして言いたいことは、新入社員で短期間で辞めても、その後しっかりとキャリアを築いていけば、充実した会社員生活を送っていけるということです。

3b5f76420f1536580d03903492c91029_s

しかし新入社員のあなたが、短期間で「会社を辞めたい」と先輩や上司に言うと、

「そんな根性なら次どこにいっても一緒だ」

「まだまだ仕事も分かっていないくせに、生意気だ」

「とにかく3年は頑張った方がキャリアに傷が付かないからもう少し頑張れ」

と、ほぼ間違いなく反対されるでしょう。

 

面白いことに、そのように反対する人は、その会社しか知らない人が多かったりします。

 

そんな人がなぜ、あなたが次どこに行っても通用しないと判断出来るのでしょうか?

 

もちろん、あなたのことを思って言ってくれる上司もいるでしょう。

 

その気持ちをないがしろにすることは良くありませんが、あなたが辞めたいと考えるなら、それ以上の正解はありません。

 

なぜなら、上司が新入社員のあなたが短期間で会社を辞めることに反対する主な理由は、「新入社員に短期間で辞められると、自分の評価が下がるから」です。

 

あなたを採用するのに、広告費や面接費含め、相当なお金がかかっています。

 

2014年のマイナビの調査によれば、1人あたり、55.5万円とのことです。

 

さらに、あなたがまともに売上を出して会社に貢献出来るようになるまでは、少なくとも半年から数年はかかります。

 

それまでにあなたに支払われる給料は、いわば先行投資です。

 

つまり、売上を出す前の新入社員に短期間で会社を辞められてしまうと、会社的には、無価値の人材に給料を払い、さらにその人材に教育をする人材の時間も取られることになるので、大変ムカつく話なのです笑。

 

そして、あなたの採用に携わった上司は、「なぜ、短期間で辞めるような人間を採用したんだ!」と叱責されるわけです。

_shared_img_thumb_YOTA85_husaiyou215135819_TP_V

そりゃあ、短期間で辞めることに反対しますよ。

 

次に、親に相談しても、十中八九「3年は頑張れ」と言ってきます。

 

例に漏れず、私の親もそうでした笑。

 

あなたが2016年現在、20代なら、親は50代が多いでしょう。

 

現在、50代の世代には、転職は一般的ではありません。

 

彼らが20代で新入社員の時は、日本は右肩上がりの成長を続けていて、会社に在籍して働き続けていれば、年功序列で給料が上がり続けていくと教育されていました。

 

そして、実際そうなっていました。少し前までは。

 

周知の事実なので詳細は割愛しますが、日本を代表する企業であったSHARPや東芝でさえ現在の状況です。

 

今は、スキルが付かない会社に在籍し続けることが、明らかなリスクになります。

 

新入社員のあなたの目から見て、「この会社で働き続けても将来はない!」と思えてしまうのであれば、勇気を出して飛び出して下さい。

 

ただ、出来れば次の会社を決めてから辞める方がベターです。

 

今は、働きながらでも負担をかけずに次の会社を探す方法がいくらでもあります。

 

例えば、優良企業の案件を数多く取り扱っており、スカウトサービスが充実しているパソナキャリアなどに登録しておくと、思いがけない会社からオファーが来たりしますし、自分の市場価値を常にチェック出来るので、おすすめですよ。

 

まとめ

今回の記事は、「新入社員だけど会社を辞めたい!」と考えている皆さんの参考になりましたでしょうか。

 

長くなりましたので、まとめると…

【世の中の新入社員は、意外に短期間で辞めている!】

 

・中卒で65.3%、高卒で40.0%、大卒で32.3%の新入社員が、3年以内に離職

 

→大卒に限定すると…

・新卒1年目で離職:13.1%

・新卒2年目で離職:10.3%

・新卒3年目で離職:8.9%

 

【新入社員が短期間で会社を辞めたいと言った時に、反対される理由は?】

 

・上司に反対される理由

→あなたの採用にお金がかかっており、上司の評価が落ちるから

 

・親に反対される理由

→年功序列で給料・役職が上がっていく雇用モデルを信じているから

 

【ぶっちゃけ、短期間で辞めていいの?】

 

・あなたが、「この会社で働き続けても将来はない!」と思えるのであれば、飛び出しましょう!私は、新卒5か月で飛び出して、現在20代5社目で年収700万円です!

 

新卒で入社後、1〜3年以内に転職活動をする方のことを第二新卒と呼びますが、その第二新卒に強い転職サイトや転職エージェントについて知りたい方は「第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職サイト&転職エージェント!」という記事も、ぜひご参考にしてみて下さいね!

 

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

6位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

7位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月

Feedly

follow us in feedly