アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

昇給しない会社にいるのは時間のムダ! 今すぐ転職すべき3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは。アラサー外資系マネージャーの桜井です!

 

早速ですが、あなたの会社には昇給がありますか?と、聞いたそばからアレですが、残念ながら昇給がないからこの記事を見つけて頂いたのだと思います。

 

結論から言いますが、その昇給しない会社にいるのは時間のムダなので、即辞めて転職しましょう。以下の転職エージェントがオススメですので、今すぐに登録して転職活動を開始しましょう。

 

・第二新卒の転職なら:ハタラクティブ

・ITエンジニア・クリエイターの転職なら:レバテックキャリア

・大手企業への転職なら:リクルートエージェント

・外資系企業への転職なら:JACリクルートメント

 

外資系マネージャーらしくズバッと結論からいっちゃいました。テヘ。

 

「とはいうものの、今は厳しい世の中だしなぁ」なんて悩んでいるあなた。昇給しない会社にしがみつき続ける方が余裕でやばいですよ。今回の記事でその3つの理由をご紹介していきますね!

昇給率の平均は?

まずは隣の芝を見てみましょう。

 

「リクナビNEXTジャーナルの調査」による、日系中小・大企業の平均昇給率は以下の通りです。

 

 

・日系中小企業:1.45%  ※基本給20万円の場合、2,900円アップ

・日系大企業:2.59%   ※基本給20万円の場合、5,180円アップ

 

 

これ以下の昇給率のあなた!早く転職活動しましょうよ!

 

 

「パパ〜!ハーゲンダッツ買ってぇ!」と可愛い娘にねだられても、「うちはお金がないんだ!ガリガリ君で我慢しなさい!!」としか言えなくなりますよ。(注:ガリガリ君はめっちゃうまいので、あくまでたとえ話です笑)

昇給しない会社から転職すべき理由①:儲かっておらず、存続が危ういから

なぜあなたの会社は昇給がないのでしょうか?少し考えれば理由はすぐに分かります。それは「儲かっていないから」です。儲かっていなければ資金繰りが苦しくなるので、社員を昇給させる余裕などありません。

 

 

先ほどの昇給率の例を見ても、儲かっている大企業は中小企業より79%も昇給率が高いです。大企業の中でもさらに経営が安定している機械金属業の昇給率は2.91%で中小企業平均の約2倍です。

 

もちろん、中小企業でも素晴らしい製品やサービスを提供しており、毎年昇給がある会社もあります。しかし何年経っても昇給がないようであれば、経営状況は良くないでしょう。ちなみに、10年後に生き残れる中小企業は6.3%と言われています。昇給がないあなたの会社は、その6.3%に入れるでしょうか?

 

入れます!と自信を持って言い切れないなら選択肢は一つ。転職です。

昇給しない会社から転職すべき理由②:自分のスキルが上がらないから

昇給がない会社は、社員のことを入れ替え可能な部品と同じように考えています。「昇給させないことでモチベーションが下がって辞められたら、また新しい人を採用すればいいや」くらいに考えています。

 

ですので、社員に対してトレーニングやスキルアップの機会を与えません。マンパワーのみに頼った誰にでも出来るような仕事を押しつけられ、あなたの財産である貴重な時間が奪われていきます。

 

例えば、商品力も具体的な計画もないにもかかわらず、飛び込みやテレアポを強制し、成果が出なければ昇給なしというような会社は最悪といえるでしょう。何のスキルもつきませんし、例え売れたとしても、情報弱者にしか売れません。

 

そんな商品を作っている会社に未来はありませんし、そんな仕事をしていても何のスキルもつきません。

 

解決策をこっそりお教えしましょう。

 

そんな会社はさっさと見切って転職することです。

昇給しない会社から転職すべき理由③:生涯年収が下がるから

ここまでの記事を読んで、「よし今日から転職活動だ!」と100人中99人は思ってくれたことでしょう(まさかの断言笑)。

 

しかし、もしかすると1人くらいは、「上司や先輩を見ていると昇給がなさそうだけど、まだ入って2年目だし、3年間は頑張ってみよう!」とか考えている人もいるかもしれません。そんな人に出会ったら私はこう言ってあげることでしょう。「早く辞めないと生涯年収が下がってしまうんやで」と。

 

 

昇給がない会社は儲かっておらず、存続が危ういと最初にご紹介しました。もし本当に倒産してしまえば、無職で無収入の状態からの転職活動になります。そうなると給与交渉も弱気にならざるを得ません。これが生涯年収が下がる原因その1です。

 

次にスキルが上がらないとご紹介しました。スキルが低い人は市場価値が低いです。市場価値が低ければ当然給与は低くなります。今後はAIが人の仕事を奪っていくので、スキルが低い人は今よりもさらに低い給与で買い叩かれることになるでしょう。これが生涯年収が下がる原因その2です。

 

運良くその会社が倒産せず、スキルが低いままなんとかしがみついていたとしましょう。しかしリストラでどうしても転職しなければならなくなったとします。その場合、転職先の給与は転職前の給与がベースになるので、ほぼ上がりません。「一生低い給与」のループにはまることになります。

 

このような悲観的な未来から逃れるためにはどうすれば良いでしょうか?

 

あなたには、もう答えが分かっているはずです。

まとめ

「昇給しない会社にいるのは時間のムダ! 今すぐ転職すべき3つの理由」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

 

・昇給しない会社から転職すべき理由①:儲かっておらず、存続が危ういから

・昇給しない会社から転職すべき理由②:自分のスキルが上がらないから

・昇給しない会社から転職すべき理由③:生涯年収が下がるから

 

残念ながら昇給がない会社に明るい未来はありません。来月からではなく、明日からでもなく、今日から勇気を出して転職活動を初めて、キャリアアップのループに乗りましょう!

 

ということで、転職先のジャンルに合わせたオススメ転職エージェントを改めてご紹介しておきますね!

 

・第二新卒の転職なら:ハタラクティブ

・ITエンジニア・クリエイターの転職なら:レバテックキャリア

・大手企業への転職なら:リクルートエージェント

・外資系企業への転職なら:JACリクルートメント

 

今回の記事が、あなたのキャリアアップのご参考になれば、とても嬉しく思います!

 

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

6位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

7位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月

Feedly

follow us in feedly