アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

転職して後悔しない方法は? 20代で4回転職した私が教えます!

 

こんにちは。アラサー外資系マネージャーの桜井です!

 

早速ですが、最近景気が良く転職希望者に有利な状況になっています。「厚生労働省の調査」によれば、2017年4月の有効求人倍率はなんと1.48倍です。これは過去最高だったバブル期(1990年7月)の有効求人倍率1.46倍を上回っています。

 

以上のような有利な状況ですので、転職のハードルは下がっているのは間違いありません。しかしながら、ビジョンのない安易な転職を繰り返してしまうと、やはりうまくキャリアアップ出来ないということが起こります。平たく言うと、転職したことを後悔します。

 

そんな私自身、20代の頃は4度も転職をしました。一般的に言えば多い方でしょう。その甲斐もあって、現在はようやく良い職場に巡り会いました。運が良かったこともあり、外資系商社で最年少マネージャーとして働いており、4年目になります。

 

現在は年収が同世代の2倍はあり、裁量権も非常に大きいという恵まれた状況なので、特にこれまでの転職を後悔してはいませんが、正直運とタイミングが悪ければキャリアアップに失敗していた可能性もあります。短期間に転職を繰り返した私だからこそ、「転職して後悔しない方法」をあなたにシェアすることが出来ます。それでは早速、ご紹介していきますね!

人はなぜ転職したいと考えるのか?

世の中の人たちはなぜ転職したいと考えるのでしょうか?「転職したい理由=今の職場からの退職を考える理由」です。それでは早速、エン・ジャパンが実施した「退職理由の調査結果」を見てみましょう。

 

 

 

1位は「給与が低かった」で46%、2位は「評価や人事制度に不満があった」で37%、3位は「残業や休日出勤が多くて辛かった」で28%です。

 

このトップ3は昔も今も変わらないでしょうね。社会人として1日の大部分の時間を使って働く以上、カネ、評価、待遇」が大切なのは当たり前です。そしてこれらがネガティブな場合、そこを改善するために多くの人は転職を決意します。それではどうすれば、次の職場でこれらのポイントを改善出来るのでしょうか?

 

転職して後悔しないためには、事前調査が最も大切

先ほどの章で、多くの人は「カネ、評価、待遇」に満足出来ずに転職を決意するということが分かりました。裏を返せば、職場を変えてこれらのポイントが改善出来れば、転職成功と言えます。

 

そのためにはどうするか?事前調査が最も大切です。今の時代、いくらでもインターネットで精度の高い情報が取れます。口コミサイトは必ず利用すべきでしょう。私は転職の度にキャリコネを利用して、現役社員の口コミをチェックしています。「会社の評判」はもちろん、「年収」「残業・休日出勤の有無」など、気になる情報が全て網羅出来ます。例えば以下は電通社員の年収情報です。

 

 

ここまで分かるとは良い時代になりましたよね。大切な転職で後悔しないために、ぜひ、キャリコネ利用してみて下さい。

転職して後悔しないためには、面接でいい子ぶらないこと

転職して後悔しないために次に重要なのは、「面接でいい子ぶらないこと」です。「いい子ぶらない」というのは、「面接官に失礼な態度を取っていい」とか、「私服で面接に行きましょう」とかそういうことを言っているのではないので、先に断っておきます笑。もちろん、社会人としてしっかりとしたマナーで面接に臨んで下さい。

 

ここでいう「いい子ぶらない」というのは、「聞きたいことは聞きましょう」ということです。場の空気や相手の気持ちを慮る(最近流行りの忖度)が得意な日本人は、自分が最も知りたいことをストレートに聞かない傾向にあります。多くの人が転職を考える理由は何でしたか?「カネ、評価、待遇」ですよね。その点について、面接でストレートに聞きましょうよ。

 

私自身、自分の部下を採用する時に面接を行っていますが、驚くことにほとんどの人がこれらのデリケートな質問をしてきません。特に「カネ」の部分について質問してくる人はほぼゼロです。先の調査結果によれば、「カネ」が理由で転職する人がぶっちぎりの第1位なのに、なぜ誰も聞いてこないのか不思議でなりません。

 

日本人のくせにすぐに外資系云々と持ち出すのは好きではありませんが、持ち出します笑。

 

外資系企業の面接では、「What are your salary expectations?(カネいくら欲しい?)」と聞かれるのは当たり前です。そこでロジカルに自分の価値をアピール出来なければ、いいオファーで入社出来ません。そのため、理論武装して面接に臨みます。

 

日系企業でここまでやる必要があるかというとそうは思いませんが、まともな企業の面接であれば、面接官は最後に、「何か質問はありませんか?」と聞いてくれますので、その際に、「前職は仕事のやりがいはとてもあったのですが…」とか、「今回〇〇さんのお話を伺って、より御社で働きたい気持ちが大きくなりましたのですが…」というような枕詞をつけた上で、「御社の昇級システムはどのようになっているのでしょうか?」と聞くことに何の問題もありません。

 

例として、「カネ」の話ばかりしましたが、あなたにとって大切なことが「評価制度」や「残業の有無」であれば、必ずそれらの点についても聞くべきです。もしあなたがそれらについて質問して、曖昧な回答しかしてくれない会社には、そもそも転職するべきでは無いですね。絶対転職しても後悔しますよ。だってあなたが今まさに辞めたいと思っている会社と同じことを、あなたに面接で情報を与えずに、またやらせようとしているんですから。

 

転職して後悔しないために、聞きたいことは聞いていいんです。面接は会社があなたを選ぶ場でもありますが、あなたが会社を選ぶ場でもあるんですから。

 

まとめ

「転職して後悔しない方法は? 20代で4回転職した私が教えます!」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

・人はなぜ転職したいと考えるのか?

→1位「給与が低かった」:46%

 2位「評価や人事制度に不満があった」:37%

 3位「残業や休日出勤が多くて辛かった」:28%

 

・転職して後悔しないためには、事前調査が最も大切

→面接を受けるその前に、口コミサイト、キャリコネを必ずチェックしましょう。

 

・転職して後悔しないためには、面接でいい子ぶらないこと

→同じ失敗を繰り返さないために、聞きたいことは必ず聞くようにしましょう。

今回の記事が、あなたのキャリアアップの参考になれば、とても嬉しく思います!



キャリコネ

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

3位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

4位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

5位:20代後半のビジネスパーソン必見! 採用決裁者と直接話せる「新世代転職サービス」

6位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月