アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

「仕事に興味が持てない」ときに絶対にやるべき3つのこと

 

こんにちは。アラサー外資系マネージャーの桜井です!

 

この記事を読めば、「仕事に興味が持てないときに絶対にやるべき3つのこと」が分かり、もうくよくよ悩まなくなります。(5分で読めます。)

 

何を根拠にそんなに偉そうなことを言っているんだ!と感じる人もいるかと思いますので、5秒で自己紹介させて下さい。

 

私は20代で4回の転職をしました。地方のFラン大学を卒業後、1社目は弱小化粧品メーカー、2社目は医療系の財団法人、3社目は豊田通商、4社目は世界トップシェアのレンタルオフィス企業、そして現在は外資系半導体商社にて最年少マネージャーを務めています。

 

自分で言うのもなんですが、それなりにイイ感じのキャリアではないでしょうか?

 

そんな私は「仕事に興味ありまくりごんぞう君」なのかというと、答えはノー寄りのノーです。

 

「仕事に興味ないんだよね…」とか斜に構えてコリドー街でナンパしてる20代のうちはまだ良いかもしれませんが、人生はあと50年くらいありますし、「仕事に興味がない」中でもうまくやっていく必要があることは言うまでもありません。

 

すみません。自分語りとコリドー街のくだりが長くなってしまいました…。

 

皆さんお忙しいかと思いますので、最初に結論を言うと、以下が「仕事に興味が持てないときに絶対にやるべき3つのこと」です。

 

①ほとんどの人は「仕事に興味が持てない」状態であることを自覚する

②「仕事に興味が持てない」以外のポイントを100点にする

③思い切って転職して環境を変える

 

それでは一つずつ深掘りしていきます。(3分で読めます。)

①ほとんどの人は「仕事に興味が持てない」状態であることを自覚する

 

最初からそもそも論を展開しますが、働いているほとんどの人、少なく見積もっても95%以上は「仕事に興味が持てない」状態であると断言できます。

 

「総務省統計局の調査」によれば、日本人の労働者人口は5,660万人です。この中で本当に「仕事に興味アリアリごんぞう君」は何人いると思いますか?

 

仮に5%だとして、283万人です。いやいや、283万人も絶対いないやろw

 

試しに今から「仕事に興味がありそうな人」をかたっぱしから挙げていってみて下さい。

 

私も挙げてみます。

 

イチロー、ROLAND、ホリエモン、キンコン西野、Twitterによくいる意識高い系。5人ですよ、5人。

 

てかみんなホリエモンとかそなへんの意識高い系に影響されすぎなんですよ。有史以来、自分の興味があることを仕事にできた人なんてほとんどいませんよ。旧石器時代は全員がその日の食い物を確保するのに必死でしたし、江戸時代でようやく武士とか出てきましたけど、まぁ~その中のほとんどは下級武士で常に切腹のリスクを抱えてるわけですよ。

 

いやもちろんホリエモンに対してクソリプしてる連中のような、たとえば「トイレ掃除する人がいないと社会は回らない!」とかそんな文字通りクソみたいなことを言うつもりは毛頭無いんですが、ほとんどの人は「トイレ掃除」から「超売れっ子イケメンモテモテミュージシャン」の間にいるということです。(もちろんトイレ掃除をバカにしているわけではありません。)

 

まずはそこを強烈に自覚すること。多数派であることは絶対的正義ではありませんが、まあみんな同じような環境で生きているということです。

②「仕事に興味が持てない」以外のポイントを100点にする

 

世の中のほとんどの人は「仕事に興味を持っていない」ことを理解してもらえたと思います。それでは次にどうすれば良いかというと、「仕事に興味が持てない」以外のポイントを100点にすることです。

 

そのポイントとは何なのか?ほとんどの人に当てはまるであろうポイントを挙げます。

 

・高い給料

・残業ゼロ

・有給を取りまくれる

・円滑な人間関係

・大きな裁量が与えられている

 

たとえ仕事に興味が持てなくても、この5点が満たされていれば、人間そんなに苦しくなることはないはずです。というかむしろ「俺(私)って恵まれてるわ~」と思うでしょう。

 

この5点について僕自身はどうかといえば、まぁ~完璧に満たされています。

 

年収は29歳で1,000万円を突破し、昨年の残業時間は8時間、有給はフルで消化。最近はコロナが何かと話題ですが、当然のようにリモートワーク。

 

なぜそんなイイ感じなのかというと、外資系企業で働いているからでしょう。

 

・参考記事:「残業が当たり前」とか「毎日新規テレアポ」とかもう絶対無理だなと思う外資5年目の夏

 

全ての外資系企業が私の働いている会社のような感じではないかもしれませんが、確率論でいえば旧態依然とした日系企業よりは明らかにホワイト度は高いでしょう。

 

てなわけで外資に興味がある方に、外資転職に超強いエージェントを紹介しますね。利用料金は無料で、3分で登録できます。

 

【外資系に強い転職エージェント】

JACリクルートメント:転職者の満足度93%を誇る実力派(私もコチラで転職)

ロバート・ウォルターズ:世界28か国にグローバル展開する老舗

③思い切って転職して環境を変える

 

上記①②を試してみても、なんだかモヤモヤが止まらない。そんな人は自分が置かれている環境を変えるしかないですね。

 

日本一有名なコンサルである大前研一さんも昔から言っていますが、自分を変えるには以下の方法しかありません。

 

時間配分を変えること。住む場所を変えること。そして付き合う人を変えること

 

もうお分かりかと思いますが、転職が一番手っ取り早いです。

 

外資に行きたい方は先ほどご紹介した以下の転職エージェントに今すぐ登録しましょう。利用料金は無料で、3分で登録できます。

 

【外資に強い転職エージェント】

JACリクルートメント:転職者の満足度93%を誇る実力派(私もコチラで転職)

ロバート・ウォルターズ:世界28か国にグローバル展開する老舗

 

日系ホワイト企業に行きたい人は、以下の転職エージェントがベストです。こちらも利用料金は無料で、3分で登録できます。

 

【日系に強い転職エージェント】

・キャリアに自信がない20代は:ハタラクティブ

・キャリアに自信がある30代以降は:リクルートエージェント

まとめ

「仕事に興味が持てない」ときに絶対にやるべき3つのことという記事を書きました。

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

 

■「仕事に興味が持てない」ときに絶対にやるべき3つのこと

①ほとんどの人は「仕事に興味が持てない」状態であることを自覚する

②「仕事に興味が持てない」以外のポイントを100点にする

③思い切って転職して環境を変える

 

まずは今いる会社で上記①②を試し、それでもどうしてもモヤモヤが消えないなら転職しちゃいましょう。以下がオススメの転職エージェントです。

 

【外資に強い転職エージェント】

JACリクルートメント:転職者の満足度93%を誇る実力派(私もコチラで転職)

ロバート・ウォルターズ:世界28か国にグローバル展開する老舗


【日系に強い転職エージェント】

・キャリアに自信がない20代は:ハタラクティブ

・キャリアに自信がある30代以降は:リクルートエージェント

 

今回の記事が、あなたが「楽しく働く」きっかけになればとても嬉しいです!

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:東京で就職するメリットとデメリット! 地方出身で東京勤務の私が全力で考えてみた!

3位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月