アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

ホワイト企業にFラン卒・未経験・中途採用で入るために絶対に必要な3つのポイント

 

こんにちは。アラサー外資系マネージャーの桜井です!

 

この記事を読めば、キャリアが浅いFラン卒の未経験者が、ホワイト企業に中途採用で入るための3つのポイントが分かります。(5分で読めます。)

 

何を根拠にそんなに偉そうなことを言っているんだ!と思う人もいるかと思いますので、5秒で自己紹介させて下さい。

 

私は20代で4回の転職をしました。地方のFラン大学を卒業後、1社目は弱小化粧品メーカー、2社目は医療系の財団法人、3社目は豊田通商、4社目は世界トップシェアのレンタルオフィス企業、そして現在は外資系半導体商社にて最年少マネージャーを務めています。

 

地方のFラン大学から、未経験業界ばかりに飛び込んだにもかかわらず、4年前に29歳で年収1,000万円を突破して以来年収は右肩上がり、ちなみに昨年の残業時間は1年で8時間でした。

 

私が今働いている会社は、どこからどう見ても超ホワイト企業だと思います。この記事では、そんなホワイト企業にFラン卒・未経験・中途採用で入るために絶対に必要な3つのポイントを紹介します。

 

皆さんお忙しいかと思いますので、先に結論から言うと、以下がホワイト企業にFラン卒・未経験・中途採用で入るために絶対に必要な3つのポイントです。

 

①求められているメイン業務に対して結果が出せることを数字でアピールする

②よく分からない業務に対してはやる気・熱意をアピールする

③Fラン卒・未経験者のホワイト企業転職に強いハタラクティブに登録する

 

この記事を最後まで読む時間がない方は、最も重要な③のみ今すぐに実行して下さい。ハタラクティブは、Fラン卒・未経験者のホワイト企業転職に超強い転職エージェントです。利用料金は無料で30秒で登録できます。

 

→ハタラクティブへの登録はこちら(スマホ・PCで30秒!)

 

Fラン卒・未経験者がホワイト企業を目指す上で、転職のプロの力を借りることは非常に重要なので、必ず登録しましょう!

 

それではもう少しお時間がある方に向けて、①と②についても深掘りしていきます!(3分で読めます。)

①求められているメイン業務に対して結果が出せることを数字でアピールする

 

求人票には、必ず「業務内容」が書いてあります。例えば以下のような感じです。

 

・既存顧客を中心とした工作機械の営業

・電子部品の納期管理を中心とした事務

・20代女性を対象とした化粧品の開発

 

これらのメイン業務に対して、「自分は結果を出せます!」と書類選考&面接で数字でアピールすることが重要です。

 

「既存顧客を中心とした工作機械の営業」でアピール例を考えてみましょう。

 

同業界の中小企業で働いている場合

「現在、トップ営業として働いていますが、いつもここぞという大きな商談では御社の営業マンに負けてしまいます。最初は単純に悔しかったのですが、調べれば調べるほど御社の商品の魅力に取り付かれてしまいました。

 

御社に比べれば規模は小さいですが、私の担当していた○○エリアでは20%のシェアを取り、当社では歴代トップになりました。これまでの知見を生かし、ぜひ御社の営業マンとして活躍したいです。」

 

これは同業界のホワイト企業を狙うパターンです。自分はその業界に詳しく、結果も出している。ということがアピールポイントになります。面接官は「この人なら当社の商品も売れそうだ」と思うはずで、そうなればもう勝ちです。

 

一方で以下のパターンはどうでしょうか?

 

他業界の営業で働いている場合

「工作機械を扱うのは初めてですが、現職では医療機器の営業を3年間務め、既存顧客に対して毎年30%の売上アップを達成しました。今回は既存顧客のフォローが中心ということでしたので、業界は違えど、既存顧客フォローの経験が役に立つと思います。」

 

業界が違う場合は、そこの知見で勝負できないので、「既存営業」という職種で勝負しましょう。偉そうにならないように気を付けつつ、「業界の知識以外は完璧です」と相手に伝えるようにします。

②よく分からない業務に対してはやる気・熱意をアピールする

 

メイン業務への回答は、上記の対応で問題ありませんが、やはりホワイト企業は面接回数もそれなりに多く(最低でも2回以上の会社がほとんど)、正直回答に詰まる質問をされることも少なくありません。

 

その場合の対策は、「やる気・熱意をアピールする」です。

 

例えばよくある意地悪な質問で、その会社の人しか知り得ないような課題を投げかけられることがあります。

 

競合のB社が最近シェアを取っている〇〇という商品に対して、弊社の××が対抗するにはどうすればいいと思いますか?

 

みたいな質問です。

 

知らんがなw

 

と言いたくなるところですが、ここはグッとこらえて、以下のように答えるのがベストです。

 

「勉強不足で今すぐに明確な回答ができませんが、まずはなぜB社がシェアを取れているのかを分析することが第一かと思います。その分析結果に対して、御社がどのように戦うべきか、例えば全ての世代のシェアを取りにいくのか、もしくは特定世代のみを狙うのか、それともその商品で戦うことを辞めるのか、そういった方向性を打ち出すことが大切ではないでしょうか。そのようなデータ分析や戦略立案は非常に得意としておりますので、ぜひ全力で取り組ませて頂きたいです!」

 

みたいな感じです。大切なことなので二回言いますが、偉そうにならないことが大事です。ドヤ顔で理路整然と語ってしまうとイキり小僧感が出まくってしまうので、恐縮してる風な表情 or 情熱的な表情を作りながら言うと良いかと思います。

③Fラン卒・未経験者のホワイト企業転職に強いハタラクティブに登録する

 

こちらは冒頭でも言いましたので、多くを語る必要はありませんね。

 

転職エージェント、ハタラクティブはFラン卒・未経験者のホワイト企業転職において最強の実績を誇っていますので、もう何も考えずに今すぐに登録して下さい!

 

ハタラクティブが好きすぎて、取材までしてしまった私が言うのだから間違いありませんw

 

・関連記事:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

 

→ハタラクティブへの登録はこちら(スマホ・PCで30秒!)

まとめ

「ホワイト企業にFラン卒・未経験・中途採用で入るために絶対に必要な3つのポイント」という記事を書きました。

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

 

①求められているメイン業務に対して結果が出せることを数字でアピールする

②よく分からない業務に対してはやる気・熱意をアピールする

③Fラン卒・未経験者のホワイト企業転職に強いハタラクティブに登録する

 

上記の①と②を完璧に対策しつつ、③のハタラクティブに登録で鬼に金棒です。間違いなく、Fランの未経験者でもホワイト企業に中途採用で入れるでしょう。

 

→ハタラクティブへの登録はこちら(スマホ・PCで30秒!)

 

今回の記事が、あなたが「楽しく働く」きっかけになればとても嬉しいです!

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:東京で就職するメリットとデメリット! 地方出身で東京勤務の私が全力で考えてみた!

3位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月