アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

キャリアコンサルタントを目指すあなたへ!年収や仕事内容を、現役トップコンサルタントに聞いてみました!

 

こんにちは!アラサー外資系商社マンの桜井です!!

 

俺、私キャリアコンサルタントになりたいのに、アラサー商社マンかい!

 

と、ページを閉じないで下さい!後悔しますよ!!笑

 

少し自己紹介をさせて下さい。

 

私は20代に4度転職をしていまして、現在は外資系の商社で働いています。

 

一方で、自分自身の転職経験を、ぜひ転職を検討されている方たちにご紹介したいと思い立ち、「わがまま転職のススメ!」という転職情報サイトを運営しております!

 

そんな私は、転職活動を行う上で、何度もキャリアコンサルタントの力を借りてきました。

 

彼らのおかげで、今幸せに働けていると言っても過言ではありません。

 

キャリアコンサルタントは、とても魅力的な仕事だと思います!!

 

そこで今回は、品川のワインバーにて、友人のトップキャリアコンサルタントKさんに、キャリアコンサルタントの気になる仕事内容や、年収についてガッツリ聞いてきましたので、キャリアコンサルタントを目指している方は、ぜひ参考にしてみて下さい!!

 

キャリアコンサルタントの仕事内容を、現役トップコンサルタントに聞いてみた!

 

まず、キャリアコンサルタントの仕事は、求職者向けと、企業向けという大きく二つの軸があるそうです。

【求職者向け】

・求職者の募集・確保

・求職者との面談

・履歴書、職務経歴書の書き方アドバイス

・求人の紹介

・面接日程の調整

・労働条件等の案内 

【企業向け】

・転職エージェントとして使ってもらえるよう営業

・条件交渉(求職者の年収の何%を報酬にするか等)

・求職者の紹介

・求職者の労働条件の交渉

某外資系転職エージェントのトップキャリアコンサルタントである私の友人のKさん(女性)にそれぞれの仕事で何が一番やりがいがあって、何が一番大変かを聞いてきましたので、早速ご紹介します!!

-shared-img-thumb-TC160130240I9A6502_TP_V

【キャリアコンサルタントのやりがいは?】 

 

キャリアコンサルタントとして働く中で、一番やりがいがあるのは、求職者の人が探してたドンピシャの案件を紹介して、その案件で転職が決まる時かな!

 

やっぱり、「Kさんのおかげで本当にやりたい仕事に転職出来ました。ありがとうございました!」なんて言われると、嬉しいよね。 

 

次にやりがいがあるのは、ちょっといやらしいけど、高い年収の人の転職が決まった時!理由は…、私にコミッション(歩合給)がたくさん入るから!笑

【キャリアコンサルタントの大変なところは?】

 

まず、求職者の確保が大変。リクルートエージェントみたいな大きなところはネームバリューがあるから、自社のWebサイトで求職者を集められるけど、うちみたいな外資系は、LinkedInなんかのSNSを使ったりしながら、とにかく求職者を自力で集める必要があるね。

 

次に大変なのは、内定が決まったのに蹴られたりとか、面接に行かずに失踪されたりとか笑。これは企業側の信用を失うからかなり辛いかな。 

 

あとは、うちを転職エージェントとして使って下さいって、企業に営業するのもなかなか大変だね。普通に電話してもなかなか取り合ってもらえないから、うちにはこういう求職者の方がいるんですよ!っていうような形で営業することが多いかな。

 

iPhoneで録音していたインタビューを、必死で書き起こしました笑

 

PAK88_tetuyaakenosyain20141123141151_TP_V

 

また、これもKさんに聞いたのですが、いわゆる日系の大手転職エージェント、具体的にはリクルートエージェントDODAなどは、求職者側と企業側でスタッフが分かれているそうです。

 

一方で、その他多くの日系中小企業の転職エージェントや、外資系の転職エージェントは、求職者側と企業側を一気通貫で一人で担当するようです。ただ、JACリクルートメントは日系大手には珍しく、一気通貫タイプのようです。

 

キャリアコンサルタントになりたい方は、分業がいいのか、それとも総合的にサポートをしたいのかを考えて、自分のビジョンに近い方に就職しましょう!

 

分業が良ければリクルートエージェント、一気通貫が良ければJACリクルートメントが二大巨頭です。

 

さて、それでは次に、気になるキャリアコンサルタントの年収についてご紹介していきます!!

キャリアコンサルタントの年収を、現役トップコンサルタントに聞いてみた!

 

結論から言いますが、Kさんは年収1,000万円以上です。(ウラヤマシ〜!)

 

それでは、早速、彼女にキャリアコンサルタントの年収について、語ってもらいましょう!!

-shared-img-thumb-TSUCH160130540I9A6568_TP_V 

 

【キャリアコンサルタントの年収は?】

 

正直、私は結構もらっている方だと思う。もしキャリアコンサルタントで高い年収を得たいなら、外資系かベンチャーに行った方がいいよ。 私は毎月の固定給プラス四半期のボーナス。四半期のボーナスは完全に実績評価。自分が転職させた人の年収のいくらかのパーセンテージが、ボーナスとして支給される。 


私の会社以外の大手外資系転職エージェントもほとんど同じだよ。四半期のボーナスだったり、毎月のコミッションだったり多少の違いはあるけど。日系のベンチャーも同じような給与スキームでやっているところは多いね。ブラック企業みたいなところもあるから、面接で具体的に確認した方がいいけど。

 

一方でリクルートエージェントとかDODAみたいな大手は安定しているから、外資系やベンチャーほどあからさまな個人の業績評価は無くて、チームとか会社の売上がボーナスに反映されるみたい。逆に言えば、できる人は、ちょっと物足りないかもね。逆だとラッキーだけど笑。

 

ただ、外資系のキャリアコンサルタントは実績次第で高い年収がもらえるとは言っても、桜井も外資系だから分かると思うけど、数字を作れない営業マンは…、だけどね笑」

…は察して下さい笑。

 

_shared_img_gthumb_MAX85_burankodekodoku20140531_TP_V 

 

ただ、自分の実力に自信があって、ガッツリ稼ぎたければ、外資系やベンチャー企業のキャリアコンサルタントも非常に面白いと思います!

 

長く腰を据えて、キャリアコンサルタントの仕事を続けていきたいのであれば、日系の大手転職エージェントや、中小企業でも老舗の転職エージェントがオススメです。

 

さて、私がiPhoneから必死で書き起こしたKさんのインタビューは、参考になりましたでしょうか?笑

 

ちなみに、今まで「キャリアコンサルタント」は、転職エージェントで働いている人全般のことを漠然と表していましたが、2016年4月より、「キャリアコンサルタント」はなんと国家資格になったようです。

 

詳しくは、「厚生労働省のHP」を見て頂ければと思いますが、資格を持っていない人は、2016年の9月以降は、キャリアコンサルタントと名乗ることも出来なくなるようです。

 

ここまで、漠然としている方の「キャリアコンサルタント」を連発しておいて、大変恐縮ですが…笑

 

さて、長くなりましたが、今回の記事がキャリアコンサルタントを目指す皆さんの参考になれば嬉しく思います!

 

優秀なキャリアコンサルタントになったあかつきには、ぜひ私にいい案件を紹介して下さいね!!笑

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

3位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

4位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

5位:20代後半のビジネスパーソン必見! 採用決裁者と直接話せる「新世代転職サービス」

6位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月