アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

転職面接!!代表的な質問と回答例をご紹介します!!

 

転職を考えた際に、避けては通れない面接。

 

今までに4度の転職を経験し、そのうち2度、異業界にもかかわらず年収100万円アップに成功した私の成功体験をもとに、転職面接の、代表的な質問と回答例をご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみて下さい!!

1分程度で簡単に自己紹介をして頂けますか?

今までの転職面接で必ず聞かれた質問です。

 

必ず考えておくべきことは、転職先の求めている人材について熟考し、自己紹介を意識的に会社の求める人物像にリンクさせることです。

 

例えば、リーダーシップがある人材を求めている転職先に対しては…

 

「前職の○○というプロジェクトでは、自ら企画を立案し、チームメンバーとともに、最高の結果を残すことが出来ました」

 

など、嫌味にならない程度に、転職先の選考基準を予想し、効果的に自己紹介をリンクさせると良いです。

なぜ、弊社を志望されたのですか?

こちらも100%される質問です。

 

同職種・同業界への転職であれば、「同じ業界で働いている中で、御社の手がけられているサービスの素晴らしさに感動しており、自分も携わりたいと考えたことが理由です」というようなアプローチで問題ありません。あなたが前職で結果を出していれば、競合である転職先も喜んで迎え入れてくれるはずです。

 

難しいのは、異職種・異業界への転職です。

 

私は過去に4度転職し、全てが異業界への転職でした。

 

その経験から思うことは、転職に至るストーリーについては論理的に示し、未経験にもかかわらず自分が貢献出来ると思われる根拠については、情熱的に示すことが大切だということです。

 

私が初めて年収100万円アップに成功したケースは、医療業界の財団法人の営業職から、鉄鋼(自動車)業界の専門商社の営業職への転職という、非常にストーリーを作るのが難しいケースでした。

 

最初に考えるべきは、なぜ医療業界から鉄鋼(自動車)業界への転職を思い立ったかの理由です。

 

本音を言えば、「大手企業を親会社に持ち、給料も良く、安定していそうだからです」と言いたいところですが、そうは問屋がおろさないのが転職面接です。

 

鉄鋼業界から非鉄業界への転職など、似た業界であればストーリーは簡単に作れますが、医療業界から鉄鋼業界や、不動産業界からIT業界等は、業界ベースでストーリーを作ることは無理があります。

 

ここでおすすめしたいのが、触れられたくないことから論点を移し替える論法です。

 

  • 売上規模を大きくして、数多くの顧客に貢献したい。
  • 売上は下がるが顧客志向の営業がしたい
  • 顧客と1対1で接してきた消費者目線の感覚を生かし、より多くの顧客に幸せになってもらえるように、マーケティング職に挑戦してみたい

 

以上のように、決して業界ベースで話を始めず、面接官が納得するストーリーを作り上げましょう。

 

「人は論理により説得され、感情と利害により動く」というカーネル・サンダースの名言にあるように、しっかりと論理を構築し、「御社で働きたい!」という気持ちを、面接官の感情に訴えかけて、情熱的にアピールしましょう。

なぜ、前職を辞めようと考えたのですか?

絶対に言ってはいけないのが、前職の悪口です。

たとえ上司が大変嫌な人であろうと、毎日5時間サービス残業があろうと、それを愚痴のように面接官に伝えても全く良いことはありません。

 

もし、あり得ないノルマを課せられ、毎日パワハラを受けていたとしても「あり得ないノルマを課せられて、毎日パワハラを受けていたので辞めました」と言ってはいけません。

 

理由は常にポジティブかつ論理的であるべきです。

 

例えば同じケースでも、以下のように答えれば面接官は嫌な印象を抱かないはずですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

「前職の商品は素晴らしかったのですが、その素晴らしさゆえ、「なぜ売れないのか?」という根本的な理由を検証する機会が少なかったのではと考えています。ぜひともマーケティングに定評のある貴社に入社し、本当の意味での顧客満足度を追求していきたいと考えております」

 

まとめ

「転職面接の代表的な質問と回答例」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

 

  1. 1分程度で簡単に自己紹介をして頂けますか?

転職先の求めている人材のタイプを熟考し、先方の求める人物像にリンクした自己紹介をする

 

 

  1. なぜ、弊社を志望されたのですか?

転職に至ったストーリーを論理的に、貢献出来ると思われる根拠を情熱的に示す

 

 

  1. なぜ、前職を辞めようと考えたのですか?

悪口は絶対にNG! 理由は常にポジティブかつ論理的に

 

転職面接の前に、口コミサイトのキャリコネを使って、事前に会社の風土をチェックしておくこともオススメです!

 

今回の記事が皆さんのご参考になれば、とても嬉しく思います!

 

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

3位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

4位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

5位:20代後半のビジネスパーソン必見! 採用決裁者と直接話せる「新世代転職サービス」

6位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月