アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

面接の転職理由例!未経験・異業界への転職の場合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

転職がしたいけれど、全く違う業界へ未経験からのチャレンジなので、なかなかいい理由付けが出来ない。

 

そのような思いから、転職活動に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

 

化粧品業界、医療業界、鉄鋼業界、不動産業界、半導体業界とすべて異業界・未経験から転職を成功させた私の体験から、「面接の転職理由例!未経験・異業界への転職の場合」をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

転職理由ランキング トップ10 

DODAの「転職理由ランキング」によると、 1位の「ほかにやりたい仕事がある」や、2位の「会社の将来性が不安」また、10位の「業界の先行きが不安」など、今の自分の環境をガラッと変えたい人が多いことが分かります。

 

一方で未経験で異業界への転職にチャレンジするのは、一般的には理由付けがしづらいので、面接でアピールするのが難しいですよね。

 

そのような場合、どのような転職理由であれば面接官にうまく響いて内定を勝ち取れるのでしょうか?

前職で得た経験を生かせる理由を論理的に考え抜き、面接官の感情に訴える

「人は論理により説得され、感情と利害により動く」というケンタッキー創業者、カーネル・サンダースの名言にあるように、まずは論理を固め、それを生き生きと伝えることが、内定を勝ち取るために何よりも大切です。

 

このスキルは転職の面接のみならず商談や恋愛などの日常のコミュニケーションにも非常に生きてきます。

 

例えば、私はトヨタ系の鉄鋼専門商社から、外資系の不動産業界(オフィスサービスのコンサルタント)へ転職した際、外資系らしいロジカルな面接官はどのような論理であれば納得するかを徹底的に考え抜きました。

 

まず、業界ベースで論理を組み立てることは諦めました。

 

銀行から保健会社への転職等、割と似たような業界であればいくらでも論理を組み立てられます。例えば、「銀行で様々な投資ポートフォリオを提案していく中で、たまたま知った御社の保険のサービスに魅了されました。銀行員として培った広い視野は必ず、御社で働いていく中でも役に立つと自負しています」というような形です。

 

全くの異業界へチャレンジする際に、面接官を説得出来る転職理由を作るコツは、ずばり業界の軸で話を一切せずに、自分がどのようなキャリアを築きたいかの軸で話をすることです。例えば、前述の鉄鋼業界から不動産業界へチャレンジした面接の際、私は以下のように話しました。

 

「日系の大手商社で、年間合計10億円ほど、非常にスケールの大きな商売を担当して参りました。自分が供給した鉄鋼原料が誰かの自動車になり、その人の生活を助けていると考えると、とてもやりがいを感じます。一方で、お客様からのリアルな「ありがとう」という気持ちが見えにくいというのもこの業界の特徴です。3年間、現在の会社で一生懸命走ってきてふと30歳を目前に控え、自分は本当に何がしたいかを考えるようになりました。失礼な言い方になってしまうかも知れませんが、不動産業界は1つ1つの商売の売上高は今の製造業に劣ると思います。しかし、どの業界よりもお客様との距離が近い業界だと考えております。今後の人生で、リアルな「ありがとう」が見える業界に身を捧げたいとの思いから、貴社へ応募させて頂きました。

 

カーネル・サンダースの言葉を借りれば、リアルな「ありがとう」が欲しいというのが「論理」にあたり、その業界に身を捧げて一生懸命頑張りたいと伝え、「本当に頑張ってくれそうだな。」と相手が思ってくれるというのが「感情」の部分にあたります。

 

最後に大切な「利害」ですが、上記の志望動機を伝えた後に必ず

 

「それではあなたはどのように弊社に貢献出来ると思いますか?」

 

という質問が来ます。オススメの回答は、仕事面だけでアピールするとあまりに業界が違う場合、無理があることが多いので以下のように答えます。

 

「現職で培った日本一審査に厳しいと言われているトヨタグループの調達マンをしっかりと説得出来る論理的思考力と、それを伝えるコミュニケーション能力には非常に自信を持っておりますので、貴社で働かせて頂いた場合にも、オフィスを探しに来られたお客様に対し、「よし、ここでいこう」と心から納得して頂ける商談が出来ると考えております。次に、少し余談になってしまいますが私は学生時代からバンドを組んでおりまして、非常に音楽について、特に60〜80年代のロックに詳しいです。オフィスを借りに来る権限を持たされているお客様というのは、ご自分で起業される方や、会社員の方でも役職がある方が多いと予想されます。そのような方のご年齢は40代〜50代の方が中心だと思いますので、オフィスの話だけではなく、音楽関係のカジュアルなお話から商談を広げて受注していくようなアクションも取れるかと思います。」

 

エグゼクティブの方たちは、ビジネスの話だけでなく音楽、映画、小説などの芸術にも明るい方が多いです。私が転職先として受けた不動産業界も外資系で高級志向の物件を扱っていたため、以上の話が面接官に響くと考えました。

 

有名なマーケティングのフレームワークで3Cというものがありますが、面接の際にも非常に役に立ちます。

 

Customer :予想されるお客様のタイプをリサーチして面接に臨む

Competitor :競合他社ではなく、なぜその会社を受けるのかの理由を考えておく

Company :その会社の製品・サービスを研究しておく

 

面接もある意味では自分という商品を売り込む商談です。

 

相手が納得する論理的な理由をしっかりと準備して、生き生きと本番に臨みましょう!

 

キャリコネなどの口コミサイトを使って、面接の前例を調べてみることも非常に効果的です。

 

未経験、異業界への転職でも、面接で伝える転職理由がしっかりしていれば、必ず内定をつかめます!

 

今回の記事が、面接での転職理由に悩んでいる皆さんの参考になれば嬉しく思います!!

 

 

面接対策のために、あわせて読みたい!↓

未経験業界の転職面接で年収100万円アップさせる給料交渉術!

転職の一次面接を通過するための「すべらない」3つのコツ!!

第二新卒で大企業へ転職成功! 内定が取れる転職理由の伝え方!

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

6位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

7位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月

Feedly

follow us in feedly