アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

憧れの会社に転職したいなら、外資やベンチャーで実績を積むのが近道な理由

 

こんにちは。アラサー外資系マネージャーの桜井です!

 

この会社で働いてみたい!という「憧れの会社」が皆さんにもあるのではないでしょうか。

 

以下は、DODAがビジネスパーソン6,000人に調査した「転職人気企業ランキング2018」です。

 

・1位:トヨタ自動車

・2位:グーグル

・3位:ソニー

・4位:ANA

・5位:楽天

・6位:パナソニック

・7位:ソフトバンク

・8位:Apple Japan

・9位:JAL

・10位:ヤフー

 

これらの会社は仕事内容もエキサイティングでしょうし、待遇も良いと思うので憧れる人も多いでしょう。

 

このようなイケてる会社に入りたいなら、若いうちから外資かベンチャーで実績を積むのがおすすめです。

 

というのも、私は27歳の時にトヨタグループの商社から、現在の外資系商社へ転職しましたが、上記のグーグル、ソニー、楽天、Apple Japan からスカウトが来た経験があるからです。

 

もし当時、現在の外資系企業へ転職しなかったら、これらのスカウトは無かったと断言できます。

 

ということで、自分の市場価値を上げて憧れの会社へ転職したい人は、以下の転職エージェントに今すぐ登録して、早速外資かベンチャーへ転職しましょう。ともに利用料金は無料で、5分で登録できます。

 

・外資系企業への転職なら:JACリクルートメント

・ベンチャー企業への転職なら:ハタラクティブ

なぜ外資やベンチャーで実績を積むと市場価値が上がるのか?

 

 

憧れの会社に入るためには、自らの市場価値を上げなければいけません。そのためには外資やベンチャーで実績を積むのが近道です。その理由は以下の2つです。

 

①仕事の裁量が大きく成長スピードが早まるから

②若くしてマネジメント経験を積めるから

 

まず①ですが、外資やベンチャーは、古い体質の日系企業に比べてびっくりするくらい裁量が大きいです。

 

私の前職は東証一部上場の超大企業でしたが、20代の若手に任せてもらえる仕事はほんの小さなものでした。

 

具体的に言うと、売上自体は何十億もあるんですが、リスクの無い既存商売であり、ただそれを守るだけの仕事です。

 

この感覚は、古い体質の日系企業で働いたことがある人なら分かってもらえると思います。

 

一方で、外資やベンチャーはビジネスの大部分を自分で組立てなければいけません。

 

私は上司が外国人で海外を飛び回っているので(最近は主に中国)、日本における商売は全て自分で組み立てています。

 

ベンチャーも外資同様、古い体質の日系企業に比べて圧倒的にリソースが足りないので、手がける仕事の領域・裁量はとても大きくなります。これが市場価値に直結します。

 

次に②についてですが、古い体質の日系企業で部下を持てるのは早くて30代後半でしょう。一方外資やベンチャーは実力主義ですので、20代で年上の部下を持つことも珍しくありません。

 

私自身も、20代でマネージャー(日系企業でいえば部長)に昇格し、現在部下が3人です。(全員年上)

 

古い体質の日系企業で部長になれるのは、おそらく40代後半でしょう。もしくは一生なれない人も多くいると思います。

 

その点、外資やベンチャーは実力さえあれば、先輩をゴボウ抜きして昇進できます。実際、私は平均的日本人の20年くらい早く部長になっているわけですから。

 

そしてこのマネジメント経験もまた、あなたの市場価値を大きく上げる要因の一つであることは言うまでもありまえせん。

まとめ

「憧れの会社に転職したいなら、外資やベンチャーで実績を積むのが近道な理由」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

 

【外資やベンチャーで実績を積むと市場価値が上がる理由】 

①仕事の裁量が大きく成長スピードが早まるから

②若くしてマネジメント経験を積めるから

 

余談ですが、僕が学生時代に憧れていた会社は、世界有数のギターメーカーのFenderです。先日そんなことをSNSでつぶやいたら、リクルーターからメッセージがきました!

 

 

具体的に色々とお話を聞いたところ、悪くないオファーでしたが、結果的に今の会社の方がいいなと思って丁重にお断りしました。

 

憧れのFenderとこんな風な話ができたのも、私がダイナミックな外資系企業で日々実績を積んでいるからです。

 

「憧れのあの会社で働いて、社会にインパクトを与えたい!」という熱い思いがある方は、ぜひ外資やベンチャーに飛び込んでみて下さい。

 

改めて、おすすめの転職エージェントをご紹介しておきますね!ともに利用料金は無料で、5分で登録できます。

 

・外資系企業への転職なら:JACリクルートメント

・ベンチャー企業への転職なら:ハタラクティブ

 

今回の記事が、あなたのキャリアアップのきっかけになれば、とても嬉しく思います!

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

3位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

4位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

5位:20代後半のビジネスパーソン必見! 採用決裁者と直接話せる「新世代転職サービス」

6位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月