アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

転職回数が多い人必見!すべらない履歴書・職務経歴書の書き方!!

 

こんにちは。アラサー外資系マネージャーの桜井です。

 

転職の際に必ず必要な、履歴書と職務経歴書。

 

初めての転職で、一つの会社に長く勤めていれば、その経験を詳しく書けばいいのであまり困ることはないでしょう。

 

一方で、転職回数が多い人はどのように履歴書・職務経歴書を作成してくと、書類選考に有利なのでしょうか?

 

残念ながらまだ日本では、「転職回数が多い人=飽きっぽくて仕事が続かない人」とイメージされ、敬遠されてしまう傾向にあります。実際にビジネスパーソンとしてのスキルは高いのに、転職回数が多いというだけで敬遠されてしまうのは、その人にとってはもちろん、日本社会にとっても良いことではありませんよね。

 

 

そこで今回は、20代で4回転職を成功させ、現在は外資系商社でマネージャーとして働いている私の経験から、「転職回数が多くても、すべらない履歴書・職務経歴書の書き方」をご紹介していきます!!

 

転職回数が多い人は、なぜネガティブなイメージを持たれてしまうのか?

 

正直に言って、日本で転職回数が多い人は、どうしてもネガティブなイメージを持たれてしまいます。

 

なぜなら、今までは終身雇用が当然であり、一つの会社で勤めあげることが良しとされていたからです。

 

日本で働き続ける意思があるならば、欧米の状況と比較するのはナンセンスだと思いますが、調べてみたら面白かったので比較したいと思います!笑

 

株式会社 NTT データ経営研究所が実施した、「平成 25 年度産業経済研究委託事業(各国の働き方の実態からみた労働法制・雇用制度に関する調査)報告書」によると、日本とアメリカの平均勤続年数の違いは以下の通りです。

 

 

・日本人の平均勤続年数:11.9年

・アメリカ人の平均勤続年数:4.6年

 

 

大学卒業後、22歳から70歳まで働くと仮定すると、日本人は生涯に3回転職し、アメリカ人は9〜10回転職することになります。

 

どちらが良いかは、ここでは置いておきましょう。

 

しかし、平均が大好きな日本人ですから、生涯で3回以上転職すると、その時点で転職回数が多いと思われることになります。

 

私は現在29歳で4回転職していますから、もう「転職回数が超多い人」です笑

 

では、なぜ転職回数が多いとネガティブなイメージを持たれてしまうのでしょうか?

 

実際私は今まで転職面接の際に、転職回数の多さについて、面接官に以下のように指摘されてきました。

 

 

  1. 人間関係に問題があるんじゃないの?
  2. 仕事の選択が毎回不適切なんじゃないの?
  3. ビジネスパーソンとしての能力が低いんじゃないの?

_shared_img_thumb_YOTA85_husaiyou215135819_TP_V 

 

大きく分けて、この3つが、転職回数が多い人に対してのネガティブイメージの根本です。

 

逆に言えば、「以上の3つが原因で転職回数が多いわけではない!」ということを履歴書・職務経歴書でアピール出来れば、「この人は転職回数が多いけれども、しっかりとしたキャリアプランを持っているから安心だ!」と面接官に思わせることが出来るので、選考上で転職回数の多さが不利になりません。

 

それでは、早速、「転職回数が多くても、すべらない履歴書・職務経歴書の書き方」をご紹介していきます!

まずは、履歴書と職務経歴書のフォーマットをダウンロード!!

 

私が、転職の際に使っている履歴書と職務経歴書のフォーマットをご紹介しますので、まずは以下からダウンロードしてみて下さい!もちろん無料です!!

 

「履歴書フォーマット(転職Hacks)」

 

一般的なJIS規格の履歴書フォーマットと、職務経歴が浅く転職が多い人向けに、自己PR等の面積を大きくした履歴書フォーマットがダウンロード出来ます。後者は、転職回数が多い人にオススメです。

 

「職務経歴書フォーマット(マイナビ転職)」

 

営業系、事務系など職種ごとのテンプレートが用意されていて大変使いやすいフォーマットです。さらに、営業系の中でも、企画営業、海外営業等細かく分けられているので、ご自身の仕事に近いフォーマットをダウンロードして、加筆訂正を加えていけば、大変スムーズにクオリティの高い職務経歴書が作成できます。

 

転職回数が多くても、すべらない履歴書・職務経歴書のポイントは?

 

まず、履歴書における一般的な学歴・職歴等は上記フォーマットをダウンロードして加筆訂正していけばOKです。一つ気をつけることは、「経歴を詐称しないこと」

 

当たり前だと思うかもしれませんが、人によっては短期間で退職した職場の経歴を履歴書に書かない人がいます。ショーンKさんではありませんが、これは立派な経歴詐称です。会社が雇用保険を調べれば、あなたの職歴は容易に分かります。くれぐれも、詐称しないように!!

 

職務経歴書も、業務内容等については、上記フォーマットへ加筆訂正で問題ありません。ただ、ポイントは定量的、具体的に書くことです。

 

単純に「2015年度の予算を達成!」だけでは、小学生が「僕、足速いんだよ」と言っているのと大差ありません。「2015年度予算2億円に対し、実績は2倍の4億円を達成。営業社員8名の中で1位の成績を記録し、年間MVPに選ばれる」というような形で定量的、具体的に書いて下さい。

 

上記のように、そこまで目立った実績が無い場合でも安心して下さい。振り返って考えてみれば、定量的、具体的に書けるアピールポイントが必ずあるはずです。例えば営業職の場合、新規顧客の開拓が得意でなかったとしても、「既存顧客に販売している、Aという商品カテゴリーを120%拡販出来た」というだけでも十分に立派なアピールポイントです。自分自身の実績を掘り下げて、定量的、具体的にアピールしていける素材を探しましょう!

 

そして、転職回数が多くても、すべらない履歴書・職務経歴書を作成する上で最も大切なポイントは、前述の通り、「以下の3つの理由で転職回数が多いのではない」ということを、志望動機や自己PRの欄で、効果的にアピールすることです。

 

【転職回数が多い人が勘違いされやすい、3つの転職理由】 

  1. 人間関係に問題があるんじゃないの?
  2. 仕事の選択が毎回不適切なんじゃないの?
  3. ビジネスパーソンとしての能力が低いんじゃないの?

【それぞれの解決方法】 

  1. 人間関係に問題があるんじゃないの?

たとえ前職の部長がどれだけビジネスパーソンとしても人として終わっていても(笑)、決してそのことに触れてはいけません。世の中のあらゆる職場には、人間関係の悩みはつきものです。現に私は4回転職しているので、今まで5社で働いた経験がありますが、「社員全員が誰一人として人間関係の悩みを持っていない」ということは、どの会社でもありえませんでした。もう一度言いますが、「履歴書・職務経歴書には、人間関係によって転職を考えたことを書かないこと」これが鉄則です。

 

  1. 仕事の選択が毎回不適切なんじゃないの?

→短い期間で転職を繰り返していると、仕事の選び方が不適切だと思われがちです。しかしこれについては、「私は好奇心が旺盛ですので、やりたいと思うことにチャレンジせずにはいられない性格です」と、堂々と履歴書・職務経歴書に書いてしまいましょう。「転職の本当のメリットは?転職成功の秘訣は?20代で年収800万、外資系商社マンの私の答え!」という記事に詳しく書きましたが、転職が多く様々な会社で働いてきた人は、その分多くの経験をしています。

 

その経験を、自信を持って履歴書・職務経歴書に盛り込んで下さい!

 

  1. ビジネスパーソンとしての能力が低いんじゃないの?

→転職が多いと、場合によってはビジネスパーソンとしての能力が低いと思われてしまうことがあります。その解決法は、「今まで働いてきた会社で出した実績を、定量的、具体的に履歴書・職務経歴書に書いてアピールすること」です。例えばあなたが前の職場に1年しか在籍していなかったとして、5年在籍している人に実績で勝っていれば、あなたのビジネスパーソンとしての能力はその人より高いということになります。自信を持って、アピールしていきましょう!!

まとめ

 

「転職回数が多い人必見!すべらない履歴書・職務経歴書の書き方!!」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

転職が多い人が勘違いされがちな以上の3つのイメージについて、「私は違う!!」と履歴書・職務経歴書で効果的にアピールすることが、転職が多くても書類選考を通過出来るポイントになります!

 

ちなみに今回の記事ですが、「転職時の参考に!履歴書・職務経歴書の書き方まとめ」というWebメディアに取り上げていただきました。ありがとうございました!

 

 

このWebメディアを運営しているレバレジーズという会社は、転職回数が多くなかなか書類選考に通らない方向けに、ハタラクティブという転職エージェントサービスを展開しています。

 

ハタラクティブは、特に20代〜30代前半の若年層の転職に非常に強いので、プロの書類添削を無料で受けてみたい方は、ぜひあわせてご利用してみて下さい!

 

今回の記事が、あなたのキャリアアップのご参考になれば、とても嬉しく思います!

 


ハタラクティブ

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

3位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

4位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

5位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

6位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月