アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

営業が楽しい!そんな素敵な会社の特徴3つ!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

世の中には、非常に多くの職種があります。

 

総務、企画、経理、人事、プログラマーなどなど。

 

その中でも非常に一般的な職種の一つに「営業」があります。

 

「営業」と聞くと、ノルマ、クレーム処理が辛い、お客さんと会社の板ばさみになるなど、なかなか大変なイメージが多いのではないでしょうか。

 

一方で、私は現在外資系の商社で営業として働いているのですが、正直とても楽しいです!!

 

しかし、現在の楽しい営業の仕事を見つけるまでに4度の転職を経験しており、いわゆる「辛い営業」も経験しました。

 

今回は、そんな私の経験から、「営業が楽しい!!」そんな素敵な会社の特徴3つをご紹介していきます!!

 

営業が楽しい!と思える会社の特徴①:自由で裁量権がある

 

今の外資系商社の営業が楽しいと思える一番の理由は、仕事の進め方が自由で、裁量権があることです。

 

現在の主な仕事は、半導体・電子部品の輸出入および販売です。

 

もちろん利益が出ないと会社が存続していけないので、ある程度の利益率を確保して商売する必要はありますが、仕入れ値、売値などは、自分の責任の範疇で決めていけます。

120def697f48ab695e43eff403307195_s

さらに、明確に四半期ごとに予算が決まっており、その予算を達成出来れば、基本的に何をしていても自由です。

 

何をしていても自由というのは、極論、会社に行く必要も無いということです。

 

一方で、達成出来ない時は、、、分かるよな…?笑

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s 

現在の会社の前は、バリバリの日系大企業である豊田通商の子会社で働いていました。

 

当然、仕入れ値、売値などを自分で決められるはずもなく、すべては前例至上主義のハンコ社会。たかが数千円のビジネスでもGL(グループリーダー)の承認が必要。

 

仕事が暇でも、予算を達成していても、必ず9時〜18時は会社に行く必要があり、時にはエクセルを開いたり閉じたりしつつ、仕事をしているフリをする。。

 

日系の大手企業で働いている友人が多くいますが、程度の差こそあれ、多くの優秀な人材が裁量権が小さすぎることに不満を持っています。

 

グループウェアの国内No.1シェアを誇る「サイボウズのサイトの記事」「人間は裁量がないと仕事を面白いと思うことができない」と書いてありましたが、本当にその通りだと思います

 

営業が楽しい!と思える会社は、「自由な裁量権があなたに与えられている」はずです!

 

転職や就職の面接の際は、しっかりその点を確認するようにしましょう!!

 

直接面接官に聞きづらければ、キャリコネ などの口コミサイトで調べましょう!!

 

私も転職活動をしている時は、思春期の女子がLINEをチェックするレベルで、キャリコネを見ていました笑

営業が楽しい!と思える会社の特徴②:評価制度が明確である

 

今の会社の営業が楽しいと思える理由の二つ目は、評価制度が明確であることです。

 

早い話が、売上を上げた分だけ給与で反映されるので、常にモチベーションを保つことが出来ます。

 

「アラサー外資系商社マンって、年収いくらもらえるの!?」という記事に詳しく書きましたが、私の2016年の年収見込みは840万円です。

f07c95bfbe56eb98e133128bb2aeba42_s

ちなみに私は、29歳の若造です。

 

国税庁の調査によれば、平成26年の平均年収は415万円とのことですので、私は20代にして平均の2倍以上の年収を稼いでいることになります。

 

次に、この840万円の内訳です。

 

・基本給:30万円

・四半期ボーナス:0〜120万円

 

この四半期ボーナスのブレが、外資系ならではです。

 

今年の見込みでいくと、全四半期で120万円の評価が取れそうなので、年収見込みは840万円となっています。

 

ただ、これは、あくまでボーナスの評価が良ければですよ。

 

ボーナスの評価が悪ければ、、、分かるよな…?笑(二回目)

a43ea6586203855584bb1fcd94cfab0f_s 

給与の評価制度に関しても、日系企業は非常に不透明というか、分かりづらい会社が多いですよね。

 

だいたいの日系企業(特に大手)は、実績評価と、行動評価の二本軸で評価されます。

 

驚くべきことに、最高評価の人と普通の評価の人で年収はほぼ変わりません。

 

ボーナスで、ほんの少し色をつけられるだけです。

 

豊田通商の子会社の時、私は最高評価のSを取りましたが、通常評価Bの市川海老蔵似の同期と年収10万円しか変わりませんでした。

_shared_img_thumb_OZP86_kuso-yarareta_TP_V 

そりゃあ、日々の営業活動のモチベーション保てないって、、

 

ぼちぼち働いて、早く帰ってビール飲みながら「さんま御殿」見た方がいいじゃんってなるって、、

 

一方で、現在の私の会社のように、四半期ボーナスで120万円ブレるような評価制度となると、新規商売が決まった時なんか、

 

まぁ〜嬉しい嬉しい笑

_shared_img_thumb_max16011542_TP_V

めっちゃ計算しますもんね、いくらもらえるかなって?笑

 

ということで、評価制度が明確であることは、間違いなく、日々の営業のモチベーションを保つことに影響します。

 

この契約を決めたら、明らかに自分の給与が上がると分かると、クロージングスキルも上がってくるので、会社にとってもプラスですよね。

 

繰り返します。営業が楽しい!と思える会社は、評価制度が明確です。

営業が楽しい!と思える会社の特徴③:上司とウマが合う

 

今の会社の営業が楽しいと思える最後のポイントは、「上司とウマが合う」からです。

 

営業職に限らずですが、上司との関係性は、仕事を続けていく上で非常に重要です。

 

リクナビNEXTの「退職理由のホンネランキングベスト10」でも堂々1位に輝く退職理由は、「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」です。

 

私の今の上司は、「桜井君の好きにやったらええやん」というマネジメントです。(写真はイメージです笑)

fbfac7bbf8a031e24d6d042d7409d3de_s

 前職の豊田通商の子会社で働いていた時は、

 

「すみません!息を吸ってもよろしいでしょうか!?」

_shared_img_thumb_LIG_dounatteruno_TP_V

 というレベルまでの報・連・相が求められていました。

 

というのは冗談ですが笑、古い体質の日系大企業は、無駄なプロセスが多すぎますよね、ホントに。だからSHARPも東芝もあんな感じになるんだよ…。

 

某大手転職エージェントの知人に聞きましたが、転職の面接では自分の上司になる人は、ほぼ確実に面接に参加するそうです。実際に私の転職経験でもその通りでした。

 

つまり、入社前に、上司がどのような人柄かをチェックすることが出来るということです!!(新卒の時は、「みんしゅう」などでチェックしてみて下さい)

 

必ず転職面接の際には、自分と上司のウマが合いそうかを、しっかりとチェックして下さい!

 

まとめ

 

「営業が楽しい!そんな素敵な会社の特徴3つ!!」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか??

 

長くなりましたので、まとめると… 

・営業が楽しい!と思える会社の特徴①:自由で裁量権がある

・営業が楽しい!と思える会社の特徴②:評価制度が明確である

・営業が楽しい!と思える会社の特徴③:上司とウマが合う

今回の記事が、営業が楽しいと思える会社に就職・転職したいと考えている皆さんの参考になれば、とても嬉しく思います!!

 

 

あわせて読みたい!↓

間違いなく転職成功! 会社選びの3つの基準はコレだ!

ストレスにサヨナラ! 嫌な上司への間違いない対策をご紹介!

外資系企業の特徴を、日系企業と比較してみました!!

 

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

6位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

7位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月

Feedly

follow us in feedly