アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

現役面接官が教える、絶対面接に落ちる人の3つの特徴!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは。アラサー外資系商社マン&現役面接官の桜井です!外資系商社のとある部署でマネージャーとして働きながら、自分のチームメンバーを定期的に面接・採用しております。

 

先日、営業職が一人退職してしまったので、今まさに絶賛面接中なのですが、連続で落としまくっています。別にそこまでハイスペックな人を求めているわけではないのですが、アレッ?という違和感がある人が思いのほか多く、なかなか苦戦しています。(逆に、良い感じの人は内定を出しても辞退されてしまうことが多いのですが…)

 

そこで今回は、今後の採用活動を成功させるために、この「アレッ?という違和感は一体何なのか?」について、言語化してみることにしました。それが出来れば、面接で見るべきポイントが絞られ、スムーズな採用活動が出来るはずだと考えたからです。

 

そしてその違和感は、面接に落ちやすい人の特徴と言い換えることが出来ます。

 

もちろん私が絶対ではありませんが、現役面接官として私が不採用にするポイントを知っていただくことで、逆に面接を通過するヒントが得られるのではないかと思っています。面接に落ちることが多い人は、ぜひ一つの参考にしてみて下さい。

 

スポンサーリンク

面接に落ちる人の特徴①:第一印象が良くない

人の第一印象は約6秒で決まり、その印象は2年続くと言われています。2年はさておき、少なくとも面接の30分〜1時間の間は第一印象のイメージが継続します。

 

これはどういうことかというと、第一印象が悪いと、面接時間内にリカバリーするのはほぼ不可能だということです。

 

さらに言えば、履歴書の写真が微妙な時点で印象は良くないです。微妙というのは、背景が暗い、髪がボサボサ、表情が硬い等です。私はこの時点で結構書類で落とします。

 

これらの悪印象を防ぐため、私は絶対に履歴書の写真は写真屋さんで撮ってもらっています。

 

東京在住の方なら、原宿にあるスタジオエイメイがオススメです。私も転職活動の際に撮ってもらいました。女性は9,760円、男性は6,200円とスピード写真に比べればもちろん割高ですが、経験豊富なプロカメラマンが撮ってくれますし、メイクや画像修正等も行ってくれるので、仕上がりが全く違います。何よりも大切な第一印象を良く出来るので、決して高くない投資だと思います。

 

良い写真が撮れ、書類選考に受かったら、とにかく清潔な身だしなみに気をつけ、面接官に明るく笑顔で挨拶しましょう。これだけでスタートダッシュ成功です。

面接に落ちる人の特徴②:コミュニケーション能力が低い

コミュニケーション能力が低い人も、即落とします。なぜならそんな人は仕事が出来ないからです。

 

ここでいうコミュニケーション能力とは、口が上手いとか面白いとかそういうことではなく、こちらの質問に的確に答えらえるかどうかです。

 

例えば、なぜ弊社を志望したのですか?というほぼ100%聞かれるであろう質問に対しても、満足に答えられない人が意外に多くいます。

 

そこで、なぜか自分の経歴について順を追って語り出したり、転職理由を話し出したり、こちらの質問に答えない人が本当に多いんですね。この時点で、「いや、そんなこと聞いてねえから…」と一気にモチベーションダウンします。

 

必ず相手の質問の意図を捉え、的確に答えるようにしましょう。そして、以下のような定番の質問には、前もって回答を用意しておくべきです。

 

 

・志望動機

・転職理由

・今までの経歴

・自分の長所、短所

・仕事でやり遂げたこと

・仕事でストレスを感じること

・3年後や10年後の目標

 

 

このような聞かれるのがほぼ当たり前な質問に対して、的確かつスムーズに答えられない人は、絶対に大切な商談に対して的確な準備が出来ません。そしてそんな人は絶対に採用出来ません。

 

自分の考えを整理し、しっかりと事前に準備して面接に臨みましょう。

面接に落ちる人の特徴③:熱意がない

熱意がない人も、どうしても落としたくなります。

 

理由は主に以下の二点です。

 

 

  1. え、何で志望したの?と思ってしまう
  2. 入ってもすぐに辞めるのではと思ってしまう

 

身だしなみも完璧で、コミュニケーション能力も高く、「お〜いいねえ〜」と思っていると大体面接官は、ポジティブな質問をしてきます。例えば以下のような質問です。

 

 

・弊社とご縁があって入社された場合、どのような仕事を手がけたいですか?

・他に受けている会社と比べて、弊社の魅力は何ですか?

 

 

こういう類の質問に、「別に…」と沢尻エリカ感を出されると結構きついです笑。う〜ん、あんまうちの会社に来たくないんだろうな〜と思ってしまいます。

 

逆にこれらの質問に対し、目を輝かせて、「御社の〇〇という商品をぜひもっと日本のマーケットに広めたいと考えております!素人考えかもしれませんが、お客様のために半年分の在庫を持つことが出来れば、必ず幅広いターゲットにアプローチ出来ると考えております。その理由は…」みたいな感じで結構鋭いことを言われると、「あ、コイツ内定」とその場で決定です。

 

スポンサーリンク

まとめ

「現役面接官が教える、絶対面接に落ちる人の3つの特徴!」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

・面接に落ちる人の特徴①:第一印象が良くない 

→清潔な身だしなみに気を付け、明るく元気に笑顔で挨拶しよう!履歴書の写真も写真屋さんに撮ってもらう方がベター。東京在住なら、スタジオエイメイがオススメ!

 

・面接に落ちる人の特徴②:コミュニケーション能力が低い

→聞かれた質問に、「的確」に答えよう!代表的な質問への回答は、しっかりと事前準備すべし!

 

・面接に落ちる人の特徴③:熱意がない

→以上2つが揃っていれば、あとは熱意!自分の夢を情熱的に伝えよう!

 

今回の記事が、面接に落ちることが多い方のご参考になり、キャリアアップのきっかけになれば、とても嬉しく思います!

 

スポンサーリンク

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

6位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Feedly

follow us in feedly