アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

連休明け、仕事に行きたくない… その憂鬱を解消する3つの方法!

 

こんにちは。アラサー外資系商社マンの桜井です!

 

GW、お盆、年末年始などの連休はとても楽しいですよね。実家に帰って家族や友達に会ったり、海外旅行に行ったり、日々の疲れをリセットできて非常に幸せな気持ちになります。

 

しかし!

 

連休というのは、必ず終わります。当たり前ですが!笑

 

そんな悲しい連休明け前日には、TwitterやFacebookでみんなが呟きますよね。

 

「ああ仕事したくねえ、会社に行きたくねえ、憂鬱だ…」と。

 

と、ここで今までの流れをぶった切ってしまい恐縮ですが、私自身は連休明けでも「仕事に行きたくない」と思うことはめったにありません。いや、そりゃあ多少は思いますよ。でも世間一般の方よりはその思いは弱いのではと思います。(強がりではなく、なぜだかマジで)

 

そこで今回は、「連休明けに仕事に行きたくない…」とお悩みのあなたのご参考になるように、その憂鬱を解消する3つの方法(というか考え方)をご紹介していければと思います!

 

「連休明け、仕事に行きたくない」…を解消する方法①:仕事があることに感謝する

連休明けに仕事に行きたくない、と悩めることは幸せなことです。なぜならあなたには仕事があるからです。

 

「総務省統計局の調査」によれば、2017年1月の日本の完全失業率(平たく言えば、仕事が欲しいけれども、仕事に就けない人の割合)は3.0%です。

 

100人中3人は、「連休明けに仕事したくねえ〜」と悩みたくても悩めないということです。あなたはそうなりたいですか?私は嫌です。何はともあれ、仕事があったほうがいいですよ、絶対に。

 

ちなみにお隣の韓国の失業率は3.6%とあまり日本と大差ありませんが、アメリカは4.8%、カナダは6.8%、イタリアはなんと11.8%です。彼らは働きたくても働けないんです。不景気だとか労働生産性が悪いと言われて久しい我々日本人ですが、まだまだ諸外国と比較して仕事が多いことに感謝して、笑顔で出勤しましょうよ。まずはこんなところで、少し気分が晴れませんか??

「連休明け、仕事に行きたくない」…を解消する方法②:お金があるからこそ充実した連休があるのだ!と考える

連休中、あなたはどこに行きましたか?伊豆の温泉ですか?ハワイですか?それともヨーロッパなんかに行っちゃいましたか?または実家の福岡に帰ってゆっくりしていましたか?

 

以上のことをするためには、何が必要でしょうか?そうです。議論の余地もなくお金です。つまり仕事です。投資家など、特別な人にとってはお金=仕事では無いかもしれませんが、世の中の95%以上の人にとってはお金=仕事でしょう。

 

つまり、仕事が無ければ充実した連休なんて無いということです。これは当たり前のことですが、意外に気付きません。

 

実例を挙げると、私は新卒で入った化粧品会社を5ヶ月で辞めてしまいました。辞めて1週間くらいは、「っしゃあ〜辞めてやったぜ〜!なんてロックな俺!これから休みつつゆっくり俺にあった仕事決めたるぜウホホ〜イ!!」というような根拠の無い無双感に包まれていましたが、実際マジで仕事が決まらなくてめちゃくちゃ焦りました笑。ちょうど転職活動中はお盆にかぶっていましたが、こんな状態ではもちろん連休を楽しむ余裕などありませんでした。

つまり、安定的にお金を稼げる仕事があるからこそ、充実した連休を楽しめるんです。ほら、仕事に行きたくなってきたでしょ??素直になれよ、コノコノ〜!

「連休明け、仕事に行きたくない」…を解消する方法③:思い切って転職する

「連休明け、仕事に行きたくない」を解消する方法を2つご紹介してきました。この2つの方法で、「そうやな、仕事があるワイは幸せや。そしてその仕事から得られるお金があるからこそ、今回の連休も楽しめたんやな。今の仕事もよく考えたら悪くないしな。」と思えたあなたはここでこのページを閉じて笑顔で会社へ向かって下さい。

 

しかし、そうじゃないあなた!

 

「桜井はワイのこと全く分かっとらん。。死ぬほどきっついノルマ、上司からの理不尽な叱責、足を引っ張ってくる意地の悪い同僚、極め付けは雀の涙ほどのやっすい給料。。」

 

という人もいるでしょう。分かります、これは辛いですよ。

 

自分の気の持ちようを変えても、どう考えても労働環境や人間関係がおかしかったり、明らかに自分と合わない風土の会社の場合は、もう思い切って転職しましょう。だって人生一度きりですもん。村上春樹風に言えば、あなたが自分をすり減らす必要はないです。

 

私のブログの読者の方はご存知だと思いますが、私自身もどうしても出勤するのが嫌な会社があり、転職しています。そのおかげで、今は伸び伸びと働けています。

 

試行錯誤の結果、あなたが転職すること100%決め、ガッツリと転職活動を行う気持ちになったなら、パソナキャリアを利用することをオススメします。今までに何社かの転職エージェントにお世話になりましたが、この会社ほど親身になってアドバイスをしてくれたコンサルタントはいませんでした。彼らのおかげで、前職のトヨタグループの大手商社へ内定することが出来ました。

 

ここだけの話、実は今でも登録していますが、面白そうな求人があった際はフットワーク軽く話を聞きに行っています。今の会社に大きな不満はありませんが、もっとエキサイティングな会社があればどんどん移っていけばいいと思っているので。うん、もうそういう時代ですよね!

 

まとめ

「連休明け、仕事に行きたくない… その憂鬱を解消する3つの方法!」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

・「連休明け、仕事に行きたくない」…を解消する方法①:仕事があることに感謝する

→悩みがあるってことは仕事があるってこと。それは幸せなこと!

 

・「連休明け、仕事に行きたくない」…を解消する方法②:お金があるからこそ充実した連休があるのだ!と考える

→お金がなければ充実した連休は無い。お金のためには仕事が必要!

 

・「連休明け、仕事に行きたくない」…を解消する方法③:思い切って転職する

→転職する!と決めたなら… パソナキャリアを利用しましょう!

今回の記事が、「連休明けに仕事に行きたくない」とお悩みのあなたのご参考になれば、とても嬉しく思います!

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

3位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

4位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

5位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

6位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月