アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

仕事についていけない毎日が辛い… 辞めるべき?それとも続けるべき?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは。アラサー外資系マネージャーの桜井です!

 

就職や転職で、希望の会社から内定をもらった!

 

とても嬉しいですよね。これから一生懸命頑張って会社に貢献しよう!と胸が躍ります。

 

しかし、いざ働き始めてみると…

 

 

「この前教えただろ!」

「もっと自分の頭で考えてから行動しろ!」

「あのさぁ…、この仕事向いていないんじゃない?」

 

 

このようなことを言われ続ける毎日。。いわゆる、「仕事についていけない」状態になってしまった…。この悩みを持つ人は多くいます。こうなってしまうと、自分の力の無さに自己嫌悪に陥り、非常に辛い毎日を送ることになってしまいます。

 

それでは、「仕事についていけない」時はどうしたら良いのでしょうか?選択肢は二つです。辞めるか、続けるか。

 

私自身も今の会社に入って4年目になりますが、外資系商社で働くことは初めての経験だったため、それはそれはついていけず大変でした。結果的には続けることを選び、20代で最年少のマネージャーへ昇格出来たので、現在はその時の決断に満足しているのですが。

 

そこで今回は、「仕事が辛い」と感じた時に、「辞めるべき」か、それとも「続けるべき」かを判断する方法について、私なりの意見をご紹介していきたいと思います!

 

仕事についていけず辛くても、続ける方が良い場合:キャリアアップにつながる確信が持てる時

まずは、仕事についていけず辛くても、「続けるべき」というポジティプなパターンからご紹介したいと思います。それは、「続けることでキャリアアップにつながる確信が持てる時」です。

 

例えば、ある一定期間その仕事を続ければ、以下のようなスキルや経験が得られる場合です。

 

 

・堪能なビジネス語学力(英語・中国語等)

・専門的なスキル(電気自動車バッテリーの設計技術、IoT業界に特化したマーケティング能力等)

・同業界に容易に転職できる人脈

 

 

仕事についていけず辛い状況でも、なんとか歯を食いしばって以上のようなスキルや経験を身につければ、転職や独立という形でキャリアアップ出来ます。

 

もう少し踏ん張ればキャリアアップ出来るのに、そこまで続けられないのは若干もったいないです。難しくやりがいのある仕事というのは、概して楽にこなせるものではありません。怒られながら、何度もトライアンドエラーを繰り返していると、人間不思議なもので成長していきます。半年前には同じ人間かと思った先輩の仕事が知らぬ間に出来るようになっています。

 

どんどんキャリアアップしていけるやりがいのある仕事に、最初から100%ついていける人はいません。その辛い状況でいかに自分なりに考え、成長し、アウトプット出来るかにビジネスパーソンとしての覚悟とセンスが問われます。

 

 

もう一度繰り返しますと、仕事についていけなくて辛いと感じても、その仕事が明らかにキャリアアップにつながると確信出来るならば、歯を食いしばって続けるべきです。

仕事についていけず辛く、辞める方が良い場合:何のスキルもつかず、単なる時間の切り売りになってしまっている時

仕事についていけず辛く、辞めてしまった方が良いのは、以下のような場合です。

 

 

・毎日何の戦略もない飛び込み営業。テレアポをさせられる

・上司にアドバイスを求めても、回答が根性論のみ

・同僚・先輩・上司から完全に放置され、結果のみを求められる

 

 

あなたがこのような会社で働いているなら、今すぐ辞めることを決意し、転職活動をするべきです。なぜなら、この辛さは先ほどの「未来がある辛さ」とは明確に違うからです。

 

例えば電話機と手を結び付けられて、一日中テレアポしまくるような会社や、毎日飛び込み20件行ってこい!みたいな会社、辛いに決まっていますよね。それで契約が取れないのはあなたが悪いんじゃありません。商品・サービス・戦略が悪いんです。これからもっともっと消費者側が情報を持つ時代になりますので、強引な営業力「のみ」で商品競争力が無い会社は間違いなく淘汰されていきます。

 

そのような仕事に、無理やりついていく必要はありません。時間の無駄です。今すぐ転職活動が正解です。

 

転職サイトの利用も良いですが、やはりしっかりと会社の内情を把握してから慎重に転職した方が良いので、転職エージェントを利用する方が間違いありません。以下の2社が私のオススメです。

 

リクルートエージェント:転職成功実績No.1。長年トップを走り続ける転職エージェントのチャンピオン。あらゆるジャンルの企業を網羅していますので、もしまだ利用していなければ、登録必須です。

 

 

パソナキャリア:特に初めての転職の方や、20代の第二新卒にオススメしたい転職エージェント。履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策など非常に丁寧に対応してくれます。私自身も第二新卒でトヨタグループの商社へ転職した際に、利用しました。

 

 

人生は一度きりです。あなたの大切な時間を切り売りする必要はありません。自分が輝ける会社を積極的に探していきましょう!

 

まとめ

「仕事についていけない毎日が辛い… 辞めるべき?それとも続けるべき?」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

・仕事についていけず辛くても、続ける方が良い場合:キャリアアップにつながる確信が持てる時

→以下のようなスキルや経験が身につく場合は、頑張って続けてみよう!

 

・堪能なビジネス語学力(英語・中国語等)

・専門的なスキル(電気自動車バッテリーの設計技術、IoT業界に特化したマーケティング能力等)

・同業界に容易に転職できる人脈

 

 

・仕事についていけず辛く、辞める方が良い場合:何のスキルもつかず、単なる時間の切り売りになってしまっている時

→以下のような会社で働いているなら、辞めることを決意し、転職活動を行おう!

 

・毎日何の戦略もない飛び込み営業。テレアポをさせられる

・上司にアドバイスを求めても、回答が根性論のみ

・同僚・先輩・上司から完全に放置され、結果のみを求められる

 

 

【オススメ転職エージェント】

 

リクルートエージェント:転職成功実績No.1。長年トップを走り続ける転職エージェントのチャンピオン。あらゆるジャンルの企業を網羅していますので、もしまだ利用していなければ、登録必須です。

 

 

パソナキャリア:特に初めての転職の方や、20代の第二新卒にオススメしたい転職エージェント。履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策など非常に丁寧に対応してくれます。私自身も第二新卒でトヨタグループの商社へ転職した際に、利用しました。

 

今回の記事が、あなたのキャリアアップのご参考になれば、とても嬉しく思います!

 

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

6位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

7位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月

Feedly

follow us in feedly