アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

転職したいけど怖い…。その怖さを超えキャリアアップする3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは。アラサー外資系マネージャーの桜井です!

 

厚生労働省の発表によれば、2017年6月の有効求人倍率は1.51倍を超え、今までで最も高かったバブル期を上回りました。つまり今は、転職希望者にとって、いまだかつてない超売り手市場です。

 

転職サイトや転職エージェントに登録している人の中には、「え?俺(私)がこの会社からまさかのスカウト??」と感じている人もいるのではないでしょうか。

 

かくいう私自身も、現在の外資系商社で働き始めて4年目を迎えるのですが、思わず心揺らぐ案件をよくJACリクルートメントのコンサルタントから紹介されます。

 

「年収1.5倍になりますよ!」とか、「部下の数が3倍になりますよ!」とかね。「今の仕事でもう少し頑張りたいので」なんて答えていますが、内心「転職したろかな〜!!」と常に揺れています笑

 

 

さて、世の中私のように能天気な人間ばかりならいいのですが案外そうでもなく、「桜井さん、今より数段レベルの高い会社から内定を頂いたのですが、正直転職するのが怖いです。人間関係は大丈夫かな?とか、仕事についていけるかな?とか…。」というようなご相談を読者の方からよく受けます。

 

そのご相談を受けて、そういえば私もトヨタグループの日系大手商社から、全く文化の違う外資系企業へ転職した時は、怖さを感じたなあということを思い出しました。

 

しかし転職後にがむしゃらに頑張った結果、20代で最年少のマネージャーへ昇格し、今は同世代の2倍は給料をもらえるようになったので、結果的に転職の怖さを乗り越えてキャリアアップ出来たと思っています。

 

そこで今回は、「転職したいけど怖い…」という気持ちを乗り越えて、キャリアアップするための3つの方法について、私なりにご紹介していければと思います!

 

転職したいけど怖い…を乗り越える方法①:自分が転職する目的を徹底的に分析する

「転職したいけど怖い…」を乗り越え、キャリアアップするために最も重要なことは、自分が転職する目的を徹底的に分析することです。

 

例として、世の中の多くの人は何を目的に転職するかについて、見ていきましょう。

 

DODAが35,000人の転職者を対象に行った「転職理由ランキング」によると、トップ5は以下の通りです。

 

 

・1位(12.8%):ほかにやりたい仕事がある

・2位(9.7%):会社の将来性が不安

・3位(8.0%):給与に不満がある

・4位(6.6%):残業が多い / 休日が少ない

・5位(4.4%):専門知識・技術を習得したい

 

 

あなたの転職する目的は、このいずれかに当てはまりますか?ドンピシャではなくても、近いものはあるのではないでしょうか?

 

この結果を見ると、転職する目的は大きく2つに分けられることに気付くと思います。1位と5位は、環境を変えることでポジティブな変化を得ることを求めており、2位から4位はネガティブな環境からとにかく抜け出すことを求めています。

 

あなたの転職理由が、前者のポジティブなパターンであれば、転職する怖さを払拭することは簡単です。転職先を徹底的に調べ、あなたの求めるキャリアやスキルが得られると確信出来れば、あとは前進(転職)あるのみです。だって、今の環境にいたらあなたの求める人生を歩めないんですよね?そっちの方がよほど怖いですよ。

 

次に後者について、「ネガティブな環境から抜け出すことのみに転職理由を求めると失敗する」なんてことがよく言われていますが、私は全くそんな風に思いません。ブラック企業にしがみついて精神的にやられる方がよっぽど怖いです。もしうつ病なんかになってしまったら、社会復帰までに時間がかかります。最悪、元に戻れない可能性もあります。

 

転職する目的が明確になりましたか?それは絶対に今の会社では叶えられませんか?答えがイエスならば、その目的を決意に変えましょう。決意があれば転職することは全く怖くありません。

 

転職したいけど怖い…を乗り越える方法②:転職先を徹底的に調べる

転職する前に転職先を徹底的に調べることで、「転職したいけど怖い」という不安を大きく減らすことが可能です。やはり情報の少なさに比例して不安は大きくなりますからね。

 

そのためにはどうするか?今の時代、いくらでもインターネットで精度の高い情報が取れます。口コミサイトは必ず利用すべきでしょう。私は転職の度にキャリコネを利用して、現役社員の口コミをチェックするようにしています。「会社の評判」はもちろん、「年収」「残業・休日出勤の有無」など、気になる情報が全て網羅出来ます。例えば以下は電通社員の年収情報です。

 

 

ここまで事前に分かってしまうとは、本当に良い時代になりましたよね!転職での不安を乗り越えるために、ぜひ、キャリコネを利用して転職先を徹底的に調べてみて下さい。

転職したいけど怖い…を乗り越える方法③:転職エージェントにヒアリングする

「転職したいけど怖い…」の乗り越えキャリアアップする3つ目の方法は、転職エージェントに転職先のことをヒアリングすることです。

 

転職エージェントのビジネスモデルとは、転職希望者を企業に紹介して採用が決まった場合、その年収の何%かの報酬(20%〜35%くらいが相場)を企業から受け取るというものです。そのため、転職エージェントは取引先の企業のことをしっかりと勉強しています。そうじゃないとその企業の魅力を伝えられませんからね。

 

ですので遠慮なく転職エージェントに、「転職したいけど怖い」と思うポイントについて質問しまくりましょう。彼らはそれに答えることが仕事ですから、喜んで協力してくれます。以下2の転職エージェントが私のオススメです。

 

 

リクルートエージェント:転職成功実績No.1。長年トップを走り続ける転職エージェントのチャンピオン。あらゆるジャンルの企業を網羅していますので、もしまだ利用していなければ、登録必須です。

 

 

パソナキャリア:特に初めての転職の方や、20代の第二新卒にオススメしたい転職エージェント。履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策など非常に丁寧に対応してくれます。私自身も第二新卒でトヨタグループの商社へ転職した際に、利用しました。

 

 

外資系企業でキャリアアップしたい方は、前述のJACリクルートメントがオススメです。

 

まとめ

「転職したいけど怖い…。その怖さを超えキャリアアップする3つの方法」をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

・転職したいけど怖い…を乗り越える方法①:自分が転職する目的を徹底的に分析する

→転職する目的を明確にして、「決意」に変えれば怖いものはありません。

 

・転職したいけど怖い…を乗り越える方法②:転職先を徹底的に調べる

キャリコネを使って、あなたの不安なポイントを調べましょう。

 

・転職したいけど怖い…を乗り越える方法③:転職エージェントにヒアリングする

→転職先企業に詳しい転職エージェントに、質問しまくりましょう。以下の2社がオススメです。

 

リクルートエージェント:転職成功実績No.1。長年トップを走り続ける転職エージェントのチャンピオン。あらゆるジャンルの企業を網羅していますので、もしまだ利用していなければ、登録必須です。

 

パソナキャリア:特に初めての転職の方や、20代の第二新卒にオススメしたい転職エージェント。履歴書・職務経歴書の添削や、面接対策など非常に丁寧に対応してくれます。私自身も第二新卒でトヨタグループの商社へ転職した際に、利用しました。

今回の記事が、「転職したいけど怖い」と感じているあなたの不安を払拭し、キャリアアップのきっかけになれば、とても嬉しく思います!

 

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

6位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

7位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月

Feedly

follow us in feedly