アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

新社会人が「使える」アドバイスを外資系マネージャーが考えてみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

 

こんにちは。アラサー外資系マネージャーの桜井です!

 

早速ですが、今日はひどい二日酔いで会社に行くのがつらかったので、在宅で仕事をしています。いきなり不真面目ですみません笑

 

先ほど駅前のエンドカレー屋でランチをした時に、やけにリクルートスーツの若い集団が多いなぁと思ったら、今日は2018年度の新社会人さんたちの入社日だったんですね。ご入社おめでとうございます!

 

少し自己紹介をしますと、私は現在社会人10年目で、東京の外資系商社にて最年少マネージャーとして勤務しています。

 

ぶっちゃけかなりのホワイト企業です。残業は一年に数えるほどしかありませんし、理不尽なプレッシャーもありません。加えて有給も取りまくっていますが、昨年の年収は940万円と同世代の2倍以上はあります。

 

以上のように、私は運良くそこそこキャリアアップできていますが、もし新社会人のときに今の考え方を持っていれば、さらにうまくいっていたはずです。

 

私の時間は戻りません。一方で新社会人のあなたは今からがスタートです。

 

そこで今回の記事では、新社会人のあなたが、社会の荒波を良い感じに乗りこなしていけるように、「使える」アドバイスを私なりにご紹介していければと思います!

新社会人が「使える」アドバイス①:礼儀正しく悪口を言わない

新社会人のあなたに一番にアドバイスしたいことは、「常に礼儀正しく、絶対に誰かの悪口を言わない」という行動を徹底することです。

 

はっきりいって新社会人はコスト以外の何者でもありません。インターンからそのままベンチャー企業に入るというようなケースは例外かもしれませんが、そうであっても、新社会人は間違いなく教育が必要な「コスト」です。

 

コストなのに、生意気で悪口を言いまくっていると、もはや目も当てられません。でも結構そういう人は多いんですよね。日系企業ではクビにはならないと思いますが、一度貼られたレッテルは、なかなかはがれないので苦労しますよ。

 

一方で、いつも礼儀正しく絶対に悪口を言わない人は誰からも信頼されます。結果的に可愛がられ、早くいい仕事を回してもらえる可能性が高くなります。

 

 

まずは、「常に礼儀正しく、絶対に誰かの悪口を言わない」という行動を徹底しましょう。

新社会人が「使える」アドバイス②:知ったかぶりや無理をしない

一生懸命仕事を頑張るのは非常に素晴らしいことですが、早く評価をして欲しいと焦るあまり、知ったかぶりや無理をすることは良くありません。

 

これはついついやってしまいがちなんですよね。私も完全にやっちゃってましたもん。でもやっぱり新社会人はまだまだ一人で仕事を回すには圧倒的に経験やスキルが足りていません。

 

「俺(私)は違う!」と思うのは分かりますし、中には本当に違う人もいるでしょう。でも先輩や上司はその仕事を数年〜数十年やってるわけですから、あなたがどういう風に考えており、どういう結果になるかが、ある程度予測できてしまうんです。(私は29歳で初めて部下を持ったのですが、その時に初めて分かりました。)

 

分からなければ知ったかぶりせず、質問しまくればいいんです。つらいなら無理をせず、弱音を吐けばいいんです。

 

先ほど新社会人はコストだといいましたが、コストを受け入れられる余裕がある会社しか新入社員を取りませんので、安心して可愛く甘えてください。

新社会人が「使える」アドバイス③:今の会社だけにこだわらない

最後に身も蓋もないことをいいますが、何がなんでも今の会社だけにこだわり続ける必要は一切ありません。

 

あなたが一生懸命選んだ会社なので、そこで頑張って働き続けることは素晴らしいことです。ただし以下のような不満が出てきたら、転職を考えてもいいと思います。

 

・労働環境が最悪(残業・休日出勤が異常に多い等) 

・人間関係が最悪(パワハラ上司・足を引っ張ってくる同僚がいる等)

・めちゃくちゃぬるい(ルーティンワークのみで、全くスキルがつかない等)

 

私のブログでも散々書いていますが、上記のような会社にいる時間はムダ以外の何者でもありません。あなたの22歳は今年1年しかなく、時は戻らないのです。

 

私自身も25歳の時に、超ぬるかった医療系の財団法人からトヨタ系の大手商社へ転職し、その3年後に現在の外資系商社へ転職しました。

 

医療系の財団法人はものすごく居心地が良かったのですが、働き続けても何のスキルもつかないことが目に見えていたので、思い切って転職して良かったと心から思っています。

 

 

繰り返しますが、入った会社が最高なら、そこで働き続けることは素晴らしいことです。日本社会はそのような終身雇用の文化の中で大きく成長し、GDP世界第2位の経済大国になりましたからね。

 

しかし、今やGDPは中国に抜かれ、労働生産性の低さは先進国で最悪です。一つの会社で頑張って働き続けていれば、社会も発展し家計も安泰だった時代は終わりに向かっているのです。

 

「この会社はダメだ」とあなたが言い切れるなら、見切る勇気も必要です。転職を視野に入れ始めたら、以下の記事をぜひ参考にしてみてください。

 

→第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

まとめ

新社会人が「使える」アドバイスを外資系マネージャーが考えてみた!をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

 

・新社会人が「使える」アドバイス①:礼儀正しく悪口を言わない 

・新社会人が「使える」アドバイス②:知ったかぶりや無理をしない

・新社会人が「使える」アドバイス③:今の会社だけにこだわらない

 

今回の記事が、新社会人のあなたが社会の荒波を良い感じに乗りこなしていくご参考になれば、とても嬉しく思います!

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:35歳以下の転職希望者必見! 人工知能を利用した転職サイトが超便利!

3位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

4位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

5位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

6位:仕事が見つからない20代必見! 未経験OKの優良企業に入る方法!

7位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月

Feedly

follow us in feedly