アラサー外資系商社マンです。20代で4回の転職を経験しました! 日系・外資系の働き方の違いや、面接対策など、「楽しくキャリアアップ」していくためのコツをご紹介します!

これからの時代、転職しないことがリスクになる3つの理由!

 

こんにちは。アラサー外資系マネージャーの桜井です!

 

これからの時代、転職しないことがリスクになります。その理由は以下の3つです。

 

・転職しないリスク①:一つの会社でしか通用しなくなる

・転職しないリスク②:会社への依存度が上がり、QOLが下がる

・転職しないリスク③:20代で大きな仕事をしないと、市場価値が上がらない

 

すでにこの3つのリスクが理解できてしまった賢い方は、この記事を最後まで読む必要はありません。

 

以下の転職エージェントに今すぐ登録して、早速転職活動を始めましょう。すべて利用料金は無料で、5分で登録できます。

 

・ベンチャー企業への転職なら:ハタラクティブ

・ITエンジニア・クリエイターへの転職なら:レバテックキャリア

・グローバル企業への転職なら:リクルートエージェント

・外資系企業への転職なら:JACリクルートメント

 

さて「2018年5月の有効求人倍率」は、1.60倍で、1974年に次ぐ高水準です。つまり、超売り手市場。転職希望者にとってこの上ないほどの追い風です。

 

「転職したい」という思いが、一瞬でも頭をよぎったことがあるなら、迷う必要はありません。今すぐ転職活動をしましょう。

 

私、桜井は20代で4回転職をしまして、今は外資系商社でマネージャーをしています。

 

30歳で年収940万円、残業ゼロ、有給は毎年全て使っています。今の待遇には、めちゃくちゃ満足しています。

 

新卒で愛知県の中小化粧品メーカーに入社したんですが、もしそのまま一度も転職をしていなかったら、絶対に今の待遇はありえなかったと断言できます。

 

それでは、私が考える「転職しないことがリスクになる3つの理由」について、一つずつご紹介していきますね!

転職しないリスク①:一つの会社でしか通用しなくなる

 

 

転職をしたことがない人は、一つの会社でしか通用しなくなります。

 

・見積の作り方

・顧客(や仕入先)との交渉方法

・システムの使い方

・社内資料の作り方

 

例えば営業マンならこれらの仕事は必須ですが、その会社の組織が大きければ大きいほど、あなたの力は小さくても仕事がうまく回るようになっています。

 

でも勘違いしてしまうんですよね。「俺(私)仕事超できる!」と。数字の規模が大きいですからね。

 

そんな私も、トヨタグループの大企業で働いていた20代前半の頃は、「俺超仕事できるわ〜」と思っていました笑

 

もう一度言いますが、会社の規模が大きければ大きいほど、自分の力が小さくても仕事は回ります。

 

気づかぬうちに、その会社でしか通用しないスキル磨きに時間を消耗している人が多いです。

 

「あれ、この仕事、誰でもできるんじゃね?」という仕事はあと数年のうちになくなります。そんな会社は今すぐに飛び出しましょう!

転職しないリスク②:会社への依存度が上がり、QOLが下がる

 

 

一つの会社で勤める時間が長くなり、おっさん(おばさん)になればなるほど、「俺(私)、この会社に見放されたら終わりだな」という気持ちが募っていきます。

 

そうなると、無駄に残業したり、休日出勤したりして、会社に忠誠心を見せ始めます。当然労働時間やストレスは増大し、QOL(生活の質)が下がります。

 

一方で、自分のスキルに自信があり、転職の成功体験もあれば、一つの会社に依存することはありません。

 

私も含め、30歳くらいで年収1000万円レンジの人間は、ほぼ全員転職にネガティブイメージがないので、はっきり言っていつ転職してもいいと思っています。

 

もしも、残業強制・パワハラ・セクハラなどがあれば、速攻で辞めます。絶対に転職できる自信があるからです。

 

しかし、一回も転職したことがなければ、この余裕は持てません。結果会社の奴隷になり、人間の最も大切な資源である「時間」を売り渡すことになってしまいます。お〜怖い。

転職しないリスク③:20代で大きな仕事をしないと、市場価値が上がらない

 

 

新卒で、日系のそこそこ大きい会社や歴史のある会社に入ったら、20代は雑用的なクソみたいな仕事しかできません。

 

私もトヨタグループの会社にいた20代の頃は、議事録や日報を書かされネチネチ「てにをは」を直されたり、上司や先輩の商談に同行し、ニコニコしながらメモを取るだけみたいな仕事ばかりでした。

 

22歳から62歳まで40年間働くとしたら、20代は最初の4分の1を占める長い長い時間です。しかも体力や知力は最強の状態です。つまり、めちゃくちゃ貴重な時間です。

 

その貴重な20代をクソみたいな仕事に費やすのは、人生をドブに捨てているようなものです。

 

例を挙げるまでもなく、今活躍している人たちの20代の頃の仕事は圧倒的に濃いです。商談で無理にニコニコしながら、どうでもいい上司が言ったことのメモを取るだけの仕事なんて辞めて、もっとダイナミックな仕事に挑戦しませんか?

 

僕は27歳で現在の外資系商社に転職し、29歳で最年少マネージャーになりました。

 

顧客や仕入先は全員年上の役職者です。上司の同行も一切ありませんし、「やるやらない」はすべて自分で判断できます。

 

その結果、30歳の現在、毎日のようにヘッドハンターからオファーが来ます。金だけでいえば、年収1000万円越えのオファーもザラにあります。(以下は一例)

 

 

確かに、転職当初は英語も話せず、業界知識も無かったのでマジで辛かったですが、その苦労した期間を乗り越えたからこそ、今はものすごく良い待遇です。あれを30代でやるのは無理でしょう。

 

というわけで、「一つの会社に最低3年」とかいう何の根拠もない話なんて無視して、20代からダイナミックな仕事を手がけられる会社で働きましょう!

まとめ

「これからの時代、転職しないことがリスクになる3つの理由!」をご紹介してきましたが、いかがでしたしょうか?

 

ポイントを振り返りながら、以下にまとめます。

 

・転職しないリスク①:一つの会社でしか通用しなくなる

・転職しないリスク②:会社への依存度が上がり、QOLが下がる

・転職しないリスク③:20代で大きな仕事をしないと、市場価値が上がらない

 

誰がやっても同じ仕事をこなしていれば、定年まで面倒を見てもらえたのはもはや過去の話です。

 

20代のうちから、ダイナミックで市場価値の上がる仕事を手がけていきましょう。改めて、私のおすすめの転職エージェントをご紹介しますね!

 

・ベンチャー企業への転職なら:ハタラクティブ

・ITエンジニア・クリエイターへの転職なら:レバテックキャリア

・グローバル企業への転職なら:リクルートエージェント

・外資系企業への転職なら:JACリクルートメント

 

今回の記事が、あなたのキャリアアップのきっかけになれば、とても嬉しく思います!

 

人気記事ランキング!↓

1位:第二新卒で大企業へ転職成功した私がおすすめする、転職エージェント&転職サイト!

2位:外資系商社マンがおすすめする、「外資系に強い転職エージェントランキング」トップ3!

3位:現役転職エージェントに、おすすめの転職エージェントをこっそり聞いてみた!!

4位:転職の書類選考で落ちる20代必見!「即面接」で正社員を目指す方法!

5位:20代後半のビジネスパーソン必見! 採用決裁者と直接話せる「新世代転職サービス」

6位:ハタラクティブ徹底取材!「フリーター・既卒の就職支援No.1」の理由!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


投稿月